レイキは旅先でもお役だち!

cocoro1

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

ありがたきかな!
旅先でも
レイキができれば安心です

レイキのココロ 第四弾アップです!

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

いつでも、どこでも。
手を当てるだけのレイキは、本当にお役立ち。
そして、心強い!!!

旅先って、いつもとは違う環境に、 気が大きくなって食べ過ぎたり、はしゃぎすぎたり。

はたまた、ふっとリラックスして、普段は抑え込んでいた疲れや不調が生じてしまったり・・・。

日常生活でも、起きてしまうと残念なことってありますが、 それが旅先ならなおさらのことですよね。

先日も、こんなことがありました。

一泊二日の箱根旅。素泊まりの温泉宿にとまって、箱根湯本から小田原まで 釜飯を食べに行こう!と夫婦ふたりで企画しました。

こちらに記載した通り、とっても楽しく充実した旅だったのですが、 予期せぬ事態が起こりました。

これから、小田原で釜飯を食べに行こうと箱根湯本の電車に乗ったとたん、 風の城の執事hshimaさんが、「気分が悪い・・・」と青い顔。

さっきまで、あんなに元気だったのに???(はい、こんなに元気でした↓、笑!)

shituji

本人が言うには、九頭竜神社本宮へとつながる芦ノ湖畔の遊歩道で相当冷えたんじゃないかな、と。

確かに寒かったです。
わたしも、体が温まるように意識して、密かに太極拳ウォーク(!?)してました(笑)。

hshimaさんは、ここのところ仕事も忙しかったですし、ちょっと抵抗力が下がっていたのかな。 冷えにやられてしまったようです。

そこで、hshimaさんの首に手を添え、もう一方の手で彼の左手を握るようにしてレイキをしました。電車内で横並びに座っていたことと、彼が厚手のダウンジャケットを着ていたので、触りやすいところが その2か所しかなかったのです。(電車内はすいていましたが、ちょうどわたしたちの目の前に、若い女性4人連れが後から座ってきました。なんだかお熱い二人だなぁ、と思われたかもしれません、笑!)

※レイキでは、最適な場所に手を当てるにこしたことはありませんが、緊急時や、体勢がままならない時などは、とにかく当てられる場所からレイキをしてみるという臨機応変さも非常に大事です!

たしかに、体が冷えているようでしたね。 レイキをしていると、ぞくぞくとした寒気を感じると同時に、レイキをとてもよく吸収して熱感も出てきました。 しだいに、寒気も流れ出ていき、顔色も少し良くなりました。 小田原につくまでの、ほんの15分ほどでしたが、本人もかなり楽になったようでした。

釜飯屋さんでは、熱燗をいただき、さらに体が温まり、すっかり元気に!焼き鳥からさつま揚げ、釜飯にいたるまで、この旅のメインイベントを存分に堪能していたhshimaさんでしたよ。

電車の中の15分は応急処置のようなもの。

早めの夕食だったので、宿に戻って温泉にはいった後は、時間も十分ありましたから 寝床にはいった状態のhshimaさんにしっかりレイキさせていただきました。

手を当てていると、案の定冷えがよく出てきました。

※レイキをしていて冷たい感じが浮いてくることは良いことです。 体の内に潜んでいた冷えが流れ出ていく経過ですので、冷たくてもそのまま手を当てていてくださいね。

やはり日頃の疲れがたまっていたのでそしょうね~。ほんとうに、おつかれさまです!!!この日は、温泉&レイキ効果でかなりリフレッシュできたのではないでしょうか。

おかげさまで翌日は、まだ暗い内に目覚めて白み始める空と一緒に露天でひとっ風呂。朝食には、ベーカリー&テーブル箱根にて絶景と、おいしいパンに舌鼓し、 帰りに立ち寄った御殿場のアウトレットでも、目的のビジネス用のコートを見つけるまで元気に歩くことができました。

レイキができて、あらためてよかったなぁと感じた今回の旅でした。

ちなみに、過去にも箱根への旅でこんな体験をしています^^。よかったらご覧くださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ