レイキで遊ぼう!

miso2

味噌づくり初体験

3月も半ば過ぎ、友人宅で麹味噌作りを体験してきました。
仕込みを終えた後は、10月まで冷暗所に置いておくだけでOK。
とても簡単な方法を伝授いただきました。

ゆでた大豆をミキサーで砕いて、タッパーの中で麹とまぜあわせていく作業は、本当に楽しかった。

子供の粘土遊びみたいで!
(冒頭の写真は、友人がその作業をしているところです。)

楽しいという感動がエネルギーを呼び、ありがたいという感謝の気持ちからあふれでるなんともいえない豊かさ・・・。

miso

むふふ。文字通りレイキをたっぷりと含んで仕込みは万全!
これから、半年。
家の片隅でしずかに発酵です^^。

(左の写真は、教えてくださった方が、ゆでた大豆をフードプロセッサーに移しています。)

  発酵中!お味噌のヒビキ

もちろん、レイキでコミュニケーションするのも楽しみのひとつ。

帰宅後、安置する場所を決めて、タッパーの上から手をかざして少しエネルギーを感じてみると、ピリピリとしたヒビキを感じたのですが、 翌朝にはもうそういう感じはなかったですね。

今は、可能な時には、「おはよう!」と、第一シンボルを使いつつごあいさつ。

今朝ほどは、なんとも濃厚でシンシンとしたエネルギーと、そして熱感も少し感じましたね。 まさに生きている、といった感じでしょうか。

(人のヒビキがよくわかるようになり、気感も磨かれてくると、さまざまな対象のエネルギーがわかるようになります。発酵しているせいなのか、味噌は、 水や植物よりはうんとわかりやすい感覚がありますよ。)

信頼して放置、というのでももちろんかまわないし、それで十分だということも承知しているのですが、 初めての味噌づくりが楽しかったのと、エネルギー的にはどうなんだろう?という興味もあって 、忘れない時には、味噌を感じるようにしています。

人ってすごい!

そんな時。

人が、見て、感じることで、エネルギーは増幅することを実感します。

さらに、思考と感情のパワーを使えば、どんなエネルギーだって変換することができる。
人とは、頼もしいエネルギーの変換器でもありますね。

わたしたち人間は、それだけすばらしい存在なのです。

人に与えられたこうしたパワーをひとりひとりが自覚し、肯定的に生かしていくことを、日々の暮らしで実践していくことが、これからの時代ますます大事なんじゃないかなぁ・・・。

と、味噌を感じながら、こんな妄想が活発化する時。
自分がこの星に生を受けたことの意味を実感しますね。
そして、レイキへの情熱が、燃え上がります(笑)。

ああ、レイキをもっと上手に伝えたい・・・。

まだ、掃除の途中なのに、味噌とコミュニケーションしたら、 イマジネーションが刺激されて、PCに向かってしまいました^^;。
また、掃除にもどります。

ではでは~^^☆

PS. おおらかな気持ちでど~んとリラックス。
レイキを使いこなす秘訣です。
その心の技は、無心に遊んだ子供のころの体験に遡るのかもしれません・・・。
みなさまも、大らかな気分で、気楽に遊ぶように、レイキを楽しんでくださいね!!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ