夏はモスキート!夏こそレイキ!

shinnryoku

いよいよ本格的な夏がやってきましたね~。

今朝ほどは、お気に入りの木陰で体を動かしていると、元気なモスキートたちの歓迎をうけましたよ、笑!

太極拳の套路を行っていると、なぜかよ~く観えます。

おもしろかったのは、わたしの二の腕にとまったモスキート。

虫よけに七分袖のTシャツを着ていたのですが、Tシャツの生地の上から、どうやって針をさそうかなぁとあれやこれやと口先を動かしているのがよ~く観えました。

もちろん、刺される前にはたかせていただきました。
(ごめん、かゆいのは嫌なのよ。)

こうして未遂に終わったものも何匹かありましたが、さすがに多勢に無勢。

左腕の肘から下に四か所と右手に1か所、刺されました。

しかしあわてることなかれ。

こちらにはレイキという武器がありまする。

蚊にさされた直後にレイキをしておくと、あとからかゆみも出ませんしとてもいいですよ。

今回も、さされた四か所を指先で一気にレイキをしておきました。

さされた直後、ほんの数分でもしておくと違います。

じんじんと熱さをともなって反応している感じがしたり、レイキをしていると、一瞬かゆさが凝縮されたりはしますが、その後の快適さを考えれば一瞬のこと。

指先からのヒビキを感じているものおもしろいものです。

今回は、レイキ中、熱感はあまりなかったのですが、ふっと何かが抜けていく感じがしたので、それでレイキを終了しました。

どの箇所も少し腫れたのですが、それはレイキがよく効いている証拠。
その後は、見た目に反して全然かゆくならないのですよ。

どんな風に腫れるかはこちらの記事をご覧ください。

大切なのは、刺された直後ですよ。
気付いたらすぐにレイキをしてみてくださいね。

夏はモスキート!
夏こそレイキ!であります^^。

いや~。
これ、うまく記録したら夏休みの理科研究のネタになるんじゃないかしら・・・。
と思うのはわたしだけかなぁ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ