Archive for 2014年5月30日

好きなだけ大きくなっていいよ

kokageいつもの木陰での太極拳。

 

今日の套路では、これまでにない伸びやかな肢体の動きに、我ながら感動しつつ、よくもここまで柔軟になったな・・・という心地よい感慨とともに、套路を進めていました。

 

この時、わたしの中に、真っ赤な実をたわわに実らせた大きなトマトの樹のイメージが浮かんでいました。

 

そうだよね、際限なく自由に伸びていっていいんだよね。という感覚とともに。

 

実は、このトマトのお話。

昨日、かわいい後輩から聞いたばかりなんですが。

どうやらハイポニカ農法のトマトらしいです。

 

好きなだけ大きくなっていいよ

 

という心で育てると、トマトの木がどんどん大きくなって、一粒の種から1万数千個の実がなるトマトの巨木となるのだそうです。

 

このトマトについて興味がある方はこちら、あるいはこちらのリンクをどうぞ。

 

さまざまな視点があるかとは思いますが、一人の研究者が植物との対話を通じて生み出した世界観とその創造。とても興味深いです。

 

わたしは、今日の套路で、そんな風に語りかけられて育つトマトの気持ちがわかった気がしました。
と、同時に、意識的にせよ無意識的にせよ自分が自分に課している制限(あるいはブロック)というものの意味を、体で理解した瞬間でもありました。

 

すると、そんなことを感じていた套路(85式なので結構長いです^^;)も終盤にさしかかった時、なにやら黒いものがわたしにまとわりついてきました。

そして、時々、動いているわたしの腕の中に入ってくるんですね。

 

それは、ひとひらの蝶でした。
めだたない地味な色合いの蝶でしたが、戯れるようにしてわたしの間近を飛んでいるわけです。

 

ひゃぉ、これは、極上のエネルギーワークだなぁ・・・。

 

わたしのエネルギーフィールドの中に、まるで波紋のようにしてつたわってくる、その小さな命の存在感。(音がする訳ではないのですが、たとえば、音叉など鳴らした時に、響いてくる体感に似ているとも言えるでしょうか。)

 

命と命が響きあって、そこに「ことば」はないのだけれど、互いが対等にひとつの世界に存在する安心と信頼。

その小さな羽ばたきは、そのままわたしの生きる喜びと共鳴しあっているようでした。

そこには、ただひとつの命がありました。

 

ひゃぁ、これは、たまらんわぁ。

 

今までにない歓喜と体感とともに套路を終え、丹式(いつも終わりに行う呼吸法です)を終えても、まだいらっしゃる(笑)。

そこで、どうぞ、という気持ちで、胸の前で、両方の手のひらを合わせてお皿のようにして差し出してみると・・・。

いらっしゃいました^^。

 

蝶が好きとはいえ、こうして、手のひらに止まってくれたなんて初体験。(写真で、むかし、太極拳の先生が蝶を手に留まらせているのを見て、いいなぁと思っていました。)

 

あー、カメラは持ってないし、両手はふさがっているし・・・。
この光景をできるものなら本気で念写したい、と初めて妄想しましたね(笑)。

 

その後も、風が体にまとわりつくように、わたしの周りを飛び回り、手のひらに止まりに来たり・・・。

 

何度も繰り返したあと、さいごは、ちょうどわたしの右側の体側(高さとしては肝臓のあたりかな)がお気に召したようなので、しばらく、手をかざしてみました。

それでも、まだいらっしゃるので、わたしが歩きだすと、程なく元気に羽ばたいていきました。

 

羽の縁には若干のほころびがあったので、成虫になってかなり日数がたっていたのかもしれません。手をかざした時には、最初に短い間でしたが、ずんと重いヒビキを感じました。

 

いままでにない宇宙との響きあいに、自分の変化を感じると同時に、自分はこれからどんな風に成長していくんだろう・・・という未知なる可能性になにやらわくわく。

年を取るほどに子供になっていく、40も過ぎたおばさんであります(笑)。

 

冒頭の写真は、わたしのお気に入りの木陰です。chou

 

そういえば・・・。

蝶とのこんなにも深~い邂逅をさせていただいたのは、昨日こんな写真をとっていたからかな(笑)。

ヒーリングのお部屋のディスプレイをチェンジしたらかわいくって、つい^^。

伝わる、ということ。

0526伝わるって、やっぱりうれしいですね。

 

そういう体験すると、自然に自分の中のいのちが沸き立つのを感じます。

 

実は、もう、半年ほど前から、西側の窓のシェードのメカがこわれてしまっていて、だましだまし使ってきていたのですが、先日、とうとうどうにも動かなくなってしまい、カーテン屋さんに来ていただくことにしました。

数年ぶりにお目にかかるカーテン屋さん。

とびきりの笑顔がやはり素敵なお方^^。

あいさつをかわした後、ふと見やると、右手の肘から下が包帯でぐるぐる巻きではありませんか。

そして、奥様もご一緒に!

おいたわしいことに、過日、作業中に転倒して、骨折してしまったとのことで、まさにお仕事の右腕としての奥様のご同行でした。

 

相談にも乗っていただき、窓辺には新しく木製のブラインドを取り入れ、レースのシェードはそのまま生かすことに。

お気に入りのブルーのカーテンは少しアレンジして装飾として使ってはどうか?と素敵なご提案をいただきました。

さすがは、プロフェッショナルですね~。

この方にお願いして本当によかったな、と思いました。

 

そして、この日の最後に、右手の早期回復を願って、思わず・・・。

「こうして、手を当てるといいですよ。」とレイキをお勧めしてみると、とても素直にお話を聴いてくださるので、そのまま、簡単にレイキの手当をレクチャーさせていただきました。

そうしたら、本当に、ご家庭で実践されたようで、見積もりのメールと一緒に、「患部周りが熱く感じ、ピリピリとしました・・・えっ?すごい!!びっくりです。」とのコメントが^^。

いや、うれしかったですね。

 

そして、今日は、奥様と一緒にあたらしいシェードのメカとウッドブラインドを取り付けに来てくださいました。

 

やはり、窓辺の雰囲気が変わりますね。

ブラインドごしに感じる風景に何やらワクワク!

文字通りの景色の変わりように、こわれたまま半年も放置していたこと、大反省でしたよ。

あとは、わたしがちょっと手芸をして、青いカーテンで飾りを施すのみです。

 

レイキの方は、それからも続けていただいていたようで、奥様が手を当てると、いやになるくらい冷たさが伝わってくるのだとか。

ご本人は、レイキをしてもらうと本当に患部が熱くなるんですよ、とお話くださいました。

 

レイキについてご質問もいただいたので、うれしくなっていろいろお話させていただきました。

ヒビキについて、遠隔でもエネルギーが送れること、そして、それはだれでも本来できることで、ただ、まだ多くの人たちが知らないだけなんだ、ということなどなど・・・。

とても興味深くこちらの話に耳を傾けてくださるお二人のご様子に、まるで、笑顔が自然に伝播していくような朗らかさと心地よさを感じました。

 

無理なく自然になめらかに。

伝わるって、こういうことなんですよね。

今日というこの日が、まさかこんなことになるなんてねぇ(笑)。

なにか、とても大切なことを教わった瞬間でした。

ありがとうございました!!!

 

もしも、出張カーテン屋さん、お探しの方いらっしゃいましたら、お声がけくださいね。
ご紹介させていただきますよ~。

 

そして、そんなレイキをぜひとも体験しちゃいましょう!!!

☆ 今月(5/31・土)のレイキ交流会~風のつどい~、ご参加いただける方募集中です。

« Older Entries