Archive for 2016年1月31日

しめは、宮島のもみじ饅頭@風のつどい

0130

みなさん、こんにちは。

こちら川崎では、幸運にも雪予報は外れ、1月の風のつどい(レイキ交流会)も無事開催することができました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

今回は、体調不良でご参加できなかった方も含め、キャンセルが重なってしまったのですが・・・。

だからこそ。

こうして、この日このタイミングで集うことのできる奇跡にあらためて感謝の気持が湧くひと時となりました。

今回ご参加いただけなかったみなさまも、またのご参加を心よりお待ちいたしております^^。

さてさて。

最近、「シンクロニシティ」を通り過ぎて、もはや「しりとり」状態になっているのではないか・・・、なんて思わず笑ってしまう、わが日常なのですが(笑)。

実は、昨日の風のつどいには、レイキを実践されているお母さまが、お嬢様と一緒にご参加くださいました。
先日のレイキヒーリングでは、お嬢様がお母さまをお連れくださったので、逆パターンになりますね。)

まだ20代でいらっしゃるお嬢様。

さすがにヒビキが出やすいです。

一斉レイキの時には、お母さまとも一緒に手あてをして、ご家庭でも、レイキをすると良いポイントをお母さまに実感を持ってご体験いただけました。

お若いからこそ、症状の軽い内にレイキでケアを!

ぜひとも、今回の体験をご家庭でもお役立てくださいね。

風の城でのレイキ三昧なひとときに。

最後には、「ほっとする」とのご感想をくださったお嬢様。

レイキをする際にも、ヒビキとまではいかなくても、ご自分の手に感じるなんらかの感覚に気づかれ、耳を澄ませていらっしゃいましたよ。

これを機に、レイキにご興味を持っていただけるといいですね。

momijiこちらは、ご参加者の方がお持ちくださった広島土産。直前に、安芸の宮島に行かれたそうです。

厳島神社の写真を見せていただきましたが・・・。

行きたくなりましたね~。

いただいたもみじ饅頭(宮島の津田清風堂さんのもの)の箱をあけたら、ひとつひとつ包装されたお饅頭のたたずまいがなんだか愛らしくて・・・。

思わず笑顔になってしまいました。

最後のお茶タイムに、みなさまとありがたくいただきましたよ。

もうすぐ節分ですので、風の城からは、節分の豆もお付けしました。

「鬼は~外!」
「福は~内!」

笑う門には福来る!!!

みなさまに、たくさんのしあわせがやってきますように、わたしも笑っていたいと思います^^。

momiji2
次回の風のつどいは、2月の最後の日曜日です。
どうぞふるってご参加くださいね!!!

おもうしこみは、こちら からどうぞ。

先ほど、最後のひとつのもみじまんじゅうをいただきました。

皮もあんこ(色がいい!)もとってもおいしくて。

うれしくなって記念撮影してしまったのでした~。

Jさん、ごちそうさまでした!!!

お母さまへのプレゼントに

0127

「母の誕生日にレイキヒーリングをプレゼントしたいんですが・・・。」

と、風の城をご利用いただいているお嬢様が、お母さまの為にレイキヒーリングをご予約くださいまいした。

付き添いでお母さまとご一緒したいとのご希望でしたので、通常のヒーリングルーム(レイキヒーリング専用のとても小さなお部屋、でもかわいいんですよ^^) ではなく、こかげの会や風のつどい、レイキ講座でみなさまとご一緒させていただく二階のリビングで、お二人をお迎えすることにしました。

「この空間と時間を母にも体験してもらいたかったんです!」

当日は、お母さまと一緒に、ここ風の城にいらしてくれたお嬢様の言葉です。

お嬢様には、ふだんからレイキの練習やヒーリングで風の城をご愛用いただいているのですが、ご自分がたのしんでいることを、大切なお母さまにも体験してもらいたい、というそのお気持ち。

うれしかったですね。(ない目が、更に細くなります、笑!^^)

ご自宅では、ついいろいろと家事などをしてしまって、なかなかゆったりと過ごすことができないとのお母さま。

この日は、レイキの施術を2時間半ほど、じっくりさせていただき、前後にはお話もたくさんさせていただきました。

とても朗らかで元気な母さま。

お嬢様も含めて、三人で話が盛り上がりましたね。

お母さまからは、お嬢様がレイキを始められてから、こんな風に変わったんだ・・・、なんていうお話も飛び出して。

レイキが、健全に伝わっているんだなぁとうれしくなりましたね。

同時に、理解と思いやりに満ちた娘を想う母目線に、胸が熱くなりました。

思わず田舎の母を想いだしましたよ。

わたしには子供がいませんが、母目線、想像できるようでありたいな、と思いました。

施術の際には、お嬢様にも参加していただいて一緒に手を当てて行きました。

「こういう風に当てるとヒビキがでやすいでしょう?」
「ちょっと、ここに手を当ててみてください。」

など。時々、ちょっとこかげの会のようにもなりながら、今後、お母さまの手当に役立つようなポイントもお伝えできたのではないかなと思います。

こんな風に、レイキをしていくポイントを実体験を持ってお伝えできる時、「うん、いい仕事してるな^^。」と思えます。

そうそう。

とても気前のいいお母さまで。

たまたま、風の城に来る途中にお買い求になった砂糖生姜と酒かすを分けてくださる時でした。

「お皿か、なにか、あれば・・・」

と言われて、わたしはタッパーの方がいいな、と思ってタッパーをお持ちしたのですね。

ところが、ちょうど良い小ぶりのものが空いていなくて。

思わず。

「沢山ください、って感じで恥ずかしいんですけれど・・・」

といいながら、大き目のタッパーを差し出したんです。

すると。

ツボにはまったのか、お母さまとお嬢様、お二人で仲良く、お腹の底から大笑い!!!

いや~。気持ちの良い笑いっぷりでした。

圧巻でしたよ(笑)!!!

お二人の笑い声を聴きながら、なんて素敵な親子なんだろうな、と、ほほえましくて・・・。

あらためて、家族っていいな、と思いました。

おかげさまで、わたし自身もい~い時間を過ごさせていただきました。

そうそう、お母さまに教えていただいた、酒かすの甘酒風。

さっそく作って、今、それをいただきながらこれを書いています。

いただいた酒かすに水(万能酵母液を使いました!)とはちみつをいれて、これまたいただいた砂糖生姜を浮かべて・・・。

心も体もほっかほかです。

ゆたかなひとときを本当にありがとうございました。

また、いつでも、こんな風に風の城をご利用くださいね!

« Older Entries