Archive for 2016年8月29日

こかげの会のご案内&アースキャラバン参加のお知らせ

このところ毎週のように台風がやってきて落ち着かない日々が続きますね。

不安定な天候に、気持ちが落ち着かなかったり沈んでしまうこともあるでしょう。

そんな時こそ、レイキとともにあることで、内なる安らぎに耳を澄ませて過ごしましょうね!

先日は、8月の風のつどいも、みなさんと楽しくレイキをご一緒させていただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

「レイキって誰かにしてあげた後も、とてもやさしい気持ちになれていいですよね。」

レベル1を受けて間もない方のそんなおことばが、うれしかったですね。

離れて住むお嬢様のお宅へレイキをしにいくと、その帰り道もとてもやさしい気持ちにつつまれるのだそうです。

実は、わたしもそれはものすごく実感するところです。

とりわけ、みなさまと一緒にレイキのお仕事をさせていただいた後は、そうした余韻によく浸っております。

自分自身の内から湧いてくるなんともいえないやわらかさ(それを愛といってもいいのかもしれません)を感じて、感謝と喜びにつつまれます。

このところ、あらためてそんなレイキのすばらしさを実感していたところだったので、そういう気づきを分かち合っていただけたことがとてもうれしかったです。

9月は、アースキャラバン参加のため、風のつどい(レイキ交流会)はお休みになりますが、こかげの会(レイキ練習会)は、あとお二人さまお席がございます。(9/10と9/26、それぞれおひとりずつ。)

また、風のつどいとは違った面白さや発見があると思います。
ぜひともご利用くださいね。

できるだけ充実したレイキ体験を積み重ねた上で、次のステップに進んでいただけると、よりゆたかなレベル2、3の世界が体験できることと思います。

07197さて、今年もアースキャラバン東京のチャリティマーケットに参加します。

昨年は、7月開催で猛暑の中、応援してくださる風の城のみなさまと一緒に初参加。

猛暑の中でも、レイキをしていると少し体が楽になるねぇ、なんて発見もありましたね。

今年は、9/24,25に木場公園で開催されます。

風の城は、9/24(土)のみ、出店します。
当日は、15分500円(全額チャリティになります)で椅子に座ってレイキが体験できます。

ぜひとも遊びに来てくださいね。

チャリティマーケットでは、いろんなお店が出店しておりますので、お買い物もお楽しみいただけますよ。

チャリティマーケットでお金を使っていただくと、戦争や紛争で傷ついた子ども達への支援プロジェクトに役立てられるそうです。

チャリティマーケットには、純利益100パーセント寄付という趣旨に賛同したみなさんが参加しています。(風の城の場合は、みなさまからいただいたお金は全額チャリティさせていただきます。)

チャリティマーケットでお買い物をして、アースキャラバンを楽しんで、平和を願う気持ちを、一緒に表現しませんか? わたしたちひとりひとりの平和への願いが、この星の未来を輝かせます。

9/24(土)は、12時から木場公園で、風の城の仲間たちとともにお待ちいたしております。

当日は、レイキの施術をしていただける方をまだまだ募集しています。
風の城でレイキ講座を受けた方で、お手伝いくださる方、おられましたら、ぜひともご連絡くださいね。屋外でのレイキは気持ちがいいですし、レイキを通じていろんな出会いもあって楽しいですよ! 

写真は、去年の様子です^^。

今年は、どんな出会いがあるでしょうか・・・。

会場でみなさまとお会いできること、そしてレイキをご体験いただけますこと、楽しみにしておりますね!!!

 

「王家の紋章」とわたし

ouke

ミュージカル、王家の紋章、観てきました!

メンフィスはもちろん、平方さんのイズミルと、新妻さんのキャロルを目当てに行ったのですが・・・。

ウナスやルカもいい!!!

物語の登場人物が、そのままに!!!

衣装もヒエログリフの刻まれたセットもいい!!!

昔懐かしい乙女心がキュンキュンしました。

アイシスの歌声のすばらしさと存在感に思わず引き込まれましたね。

オープニングから割合すぐの段階で、舞台上の人がみんなで歌うシーンがあったのですが、こうしてみんなが一体となってひとつの世界をつくりあげることの美しさに感動して、涙がこみ上げてきました。

物語が立体的になり、漫画を読むのとは全然違う。

生の人間が演じるっていうすばらしさに大いに歓喜しました。

ああ、人間ってすばらしい!!!

実は、王家の紋章は、川崎にお嫁に来るときに処分してしまったので、もう長いこと読んでいなかったのですが、高校時代は、王家の紋章のカレンダーを買ってみたり、大学時代の友人が久石譲さんが作曲した王家の紋章のCD(この中の曲を、昔、伊藤みどりさんがエキシビションでつかったと記憶しています)を持っていたので 貸してもらったり・・・。

ouke2当時は相当はまっていました。

新刊が出るたびに本屋に走ってましたね。

出会いは小学校のとき。たしか3年生くらいだったかな。

教室にあった学級文庫の棚に、なぜか一巻だけおいてあった王家の紋章。

よく意味がわからないまま読んで、ナイル河に主役が落ちて話が終わったのだと思っていました。

しかし、その数年後。

耳鼻科だったか、骨接ぎだったか。

待合室で「王家の紋章」と再開。

おーーーー、あれには続きがあったのか!!!と狂喜したこともなつかしい思い出です。

なぜか、むかしから、古代エジプトの衣装とか、ヒエログリフとかに惹かれる子供でした。

だから、再会できてとてもうれしかったんですね。

(写真は、麗しのメンフィス王!生きてこの目で見られるなんて、笑!)

そして、今回舞台を観終わって驚いたのは。

その影響力のまぁ大きいこと!!!

ライブや舞台って見終わったあとの興奮は冷めやらぬものですが、この王家の紋章は何かが違う。古代エジプトとわたしをつなぐ何かが、強烈に語りかけてくるような・・・。

舞台を観て、感じた事。

とてもとても大きくてなかなかつかみ取ることができませんでしたが、数日を経て、ようやく今、それが明確になりつつあります。

そして、そのことに気が付く過程の中で、自分がかつての意識状態から、かなりの変容を遂げているんだな、ということを実感しました。

わたしたちも、地球という舞台の登場人物。

役者さんたちがひとりひとり役を与えられているように、わたしたちもまた、この地球という舞台で、「個」という役を与えられているんだな。

そして、どの一人がかけても、世界は成立しない!

全身全霊で物語の人物を演じている役者さんたちを観ていて、そんなことを思いました。

役を演じるには、その役を理解することから始めなきゃならない。

自分を生きるためには、自分を理解するしかなくって。
それが一筋縄じゃいかないから、きっと、わたしは何度も生まれてきている。

そんな自分と、役者さんたちが役を演じる、ということがダブって、親近感がわくと同時に、この役者さんたちのように真摯に自分に取り組みたいなと情熱が沸き立ちました。

(舞台の役者がみな不真面目で、自分の役に興味がなかったら、とんでもなくつまならい舞台になるでしょうね。)

それほど、役者さんたちのパワーがすばらしかった。

地球という舞台が、たくさんの魅力的な役者さんでいっぱいになるといいですね!!!

大人気の王家の紋章。

なんとすでに再演がきまっております。

来年は、もっと、メンフィス、イズミルに会いた~い!!!

ということで、チケットゲット、がんばります!!!

王家の紋章のPVみつけました。

よかったらお楽しみください。(もちろん、ライブにはかないませんが。)

« Older Entries