レイキとは

level3

靈氣・Reiki・レイキ

まず、レイキというと、1920年代に日本で臼井霊気療法として生まれた手当療法ということができます。

その療法としてのレイキを行うとき、レイキをする、と言います。 また、その時扱うエネルギーのことを指して「レイキ」と言ったりします。

もともとは、漢字で「霊気(靈氣)」と書いていましたが、第二次世界大戦直前に日系人を通じて「霊気」がハワイへ伝わり、西洋社会に「Reiki」として広まっていきました。1980年代にはいって日本に逆輸入された時に、Reikiがレイキとなって戻ってきたわけです。

それは、臼井先生が世の人々の健康と幸せを願い、この手当療法を多くの人に広めたいと願った結果であり、また、その療法自体にとっても、「霊気→Reiki→レイキ」という変容を遂げる旅路でもありました。

また、いっぽうで、海外に流出することなく、国内で続けられてきた「靈氣」の流れもあります。くわしくは、レイキの歴史をご覧ください。

レイキっていったい何?

さて、そのレイキとはいったいどんなエネルギーなのでしょう。

通常では目には見えないし、確かめることもできません。

でも、感じることはできます。

そのエネルギーに触れると、温もりを感じたり、ほっとしたり、多くの方々が安らぎを感じるようです。

元気になったり、創造性が高まったり、意識の変容をサポートしてくれたり、ワンネスや愛を感じさせてくれたり、宇宙との一体感を感じたり、・・・。

それはもう、その時々の心身の状態によってレイキの感じ方は本当に様々です。その体験から、レイキに関しては多くの方々がいろいろに表現されています。たとえば、宇宙エネルギー、宇宙の根源のエネルギー、愛、などはよくみかける表現ですね。

確かなことは、わたしたちを存在たらしめてくれている、この世界の普遍的かつ本質的なエネルギーであるということです。

レイキはひとつ

ここで、わたしのレイキ観を少々・・・。

レイキを始めたばかりのころ、わたし自身にとって、レイキは、愛そのものでした。そして、少し特別なものでもありました。

でも、実践を続けていくと、いつでもそばにいてくれる友人のようなものだという認識に変わりました。

さらに実践を続けていくと、それは空気のように満ち満ちていて、わたしたちを生かしてくれる自然のエネルギーだと思うようになりました。特別でもなんでもなく、わたしたちの日常に満ち満ちているもの。それがレイキになりました。

その次には、レイキとは、今この瞬間に満ち満ちている「ゆたかさ」であり、わたしたちを存在たらしめている創造のエネルギーだとの理解に達しました。

そして、今、わたしはこんな風にとらえています。

レイキとは、大海のように、大いなる一つであり、さまざまに現れては消えていく波のようなもの。

海が、その中に住まうさまざまな命を養うように、レイキもまた、わたしたちにとってなくてはならないものです。

波のひとつひとつは、その大いなる本質が、さまざまに形をかえて現れているにすぎません。レイキがさまざまに表現されるのは、この小さな波をそれぞれが個人的な感覚で受け取り、表現するからです。

わたし自身、レイキの実践を重ねる中で、変化する自分自身のレイキのイメージを不思議に思いました。しかし、それは、大いなる源がさまざまに分化し、表出するその一端を感じ取っていたにすぎないのですね。

それほど、レイキの世界は大きくて深淵です。どうか、その時々のご自分の感覚でとらえられるレイキのイメージを大切にしてくださいね。(2015.3.17現在)

0704p2

レイキが教えてくれること

レイキはいつでも今ここに満ちています。

その存在に耳を澄ますほどに、この世界はゆたかで、変える必要のあるものなどなに一つないことを教えてくれます。

わたしたちは、そのままで、うつくしくすばらしいのです。

手を当てるということは、そんなわたしたちの本来の姿に意識を合わせて行くようなものです。

レイキとは、その「心」を自分の感覚で理解し、その教えを実践していく道でもあります。

手を当てるという行為を通じて受け取る感覚は、心地よいものも、そうでないものも、すべてわたしたちへのメッセージです。

手を当てて、ヒビキを感じることは、ほんの最初の一歩。 その背後にある、深遠なレイキの世界のゆたかさを味わってこそ、レイキの真髄と言えるでしょう。

レイキの実践から得られる理解は、この宇宙の真理です。

「な~んだ、そういうことだったんだ!」と、気づき、発見する喜びを味わうものまたレイキの醍醐味です。

まさに、内なる喜びとともに成長していく、気づきの意識の生きる道ですね。

同じを慈しみ、違いをたのしむ。

一人一人の感受性を通じて映し出されるこの宇宙の、様々な風景をともに、感じ味わいましょう。

Let’s enjoy Reiki !!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ