レイキすることそのものを楽しみたいと・・・

0530

世田谷区M.Yさま(50代女性)

5月末の 風のつどい を終えた直後にいただいたメールの中に、ある表現をみつけてうれしくなってしまいました。そのメールの一部をご紹介いたしますね。さぁ、わたしが反応したキーワードは何でしょう。(って、もうタイトルからしてバレバレですね^^;)。

今日の私は本当にコンディションが悪く、
前回まではヒビキも含め、いろいろと手ごたえを感じていたのに、
今回はちょっと後退でした。。。

でも、風のつどいに参加して、みなさんに手を当てていただいたおかげで、
家に帰ってからはまた以前のようにスムーズに流れているのを感じることができています。

なかなかみなさんのようにはヒビキを感じとれない私ですが、
いまは、手を当てる/当てられることの気持ちよさを
充分に味わいつつ、レイキすることそのものを
楽しみたいと思っています。(じっさい楽しいですし。^^)

Mさま、ありがとうございます!

そうそう、実際、レイキは楽しいですよね!!!
何事も楽しむことを覚えてしまえば、続けることが面白いし、その中で自然と感覚が磨かれて行くという、黄金のサイクルに突入することができます(笑)。

今回は、いままでのようにはヒビキを感じられなかったというMさまですが、まぁ、そんな時もありますね。

レイキそのものは自分の力ではありませんが、ヒビキを感知する感受性は自分の力です。だから、とても疲れていたり、寝不足だったりすると感じる力が鈍る、ということは十分考えられますね。

また、そういう時は、なんとなくレイキの出も良くないものです。きっと、レイキが自分の手から流れ出る前に、自分の体が吸収してしまうのでしょう。

わたしにも苦い体験があります。
夜を徹して主人と車を交代で運転して大阪について、その足で法事に出席した時のこと。その場で、レイキってどうなの?と興味を示してくれた親類のおじさんに手を当てた瞬間、大いに後悔したという体験があります(笑)。はい、特に仕事でレイキをさせていただく場合は、寝不足は厳禁であると肝に銘じました^^;。

とはいえ、Mさまのように、疲れているとはいっても、こうして会場まで足を運ぶ気力と体力がある程度でしたら、みんなでレイキしあっているうちに元気になってきますし、レイキの調子も戻ってきます。

ですから、みなさんもちょっと疲れているなぁ・・・。
という程度でしたら、こうした集いにどんどん参加して元気になってくださいね!

実は・・・。
冒頭の写真の中には、Mさまの手があるのですよ。
今回は、調子がいまいち・・・とおっしゃいながらも、そこはベテランさん。
なんか気になる・・・、とご自分の感覚に素直に、思わず指先を使ってその部分にレイキをしていくご様子がとても印象的でした。

その手の表情がなんとも味わい深く、シャッターを切らせていただいたのですが・・・。
レイキのやさしさと自然な感じがにじみ出る、なんともい~い表情だと思いませんか?

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ