大河のような人生

taiga2

東京都S.Mさま(60代・女性)

レベル1受講の翌日に、なんともうれしいお便りをいただきました。喜びと希望にあふれたMさまのご感想メールをご紹介させていただきますね。

かおる先生、昨日はファーストの講座ありがとうございました!

レイキ講座自体がヒーリングそのものであるーそんな時間を頂きました!

本来レイキに触れるって、こんな風に楽しく面白く、快いものなんだと実感しました。

そして、夜になってびっくり。腹部の固かった部分が、緩み穏やかになり、スッキリやんわり♪良い子のお腹になっていたのです!嬉しくて、一人で笑っちゃいました(^o^)

大河は、ゴミなど浮かんでも浮かんでも、流れて行ってしまう・・・悠然と流れる大河のような人生を思うだけで、ワクワクします(*^^*)

ファーストの講座、ついていったら、何か景色の違う広い場所に誘われていたという感じです!

一流のレイキモデルAさんにも、心から感謝がこみ上げてきます(*^^*)

かおる先生、本当にありがとうございました!!m(__)m

Mさま、こちらこそありがとうございました!

Mさまの、のびのびとリラックスしたご様子に触発され、わたし自身もリラックスしてお話させていただくことができました。

大河は大我。わたしたちは大きな河のようなもの・・・。そんなたとえ話にもとても興味深く耳を傾けてくださいましたね。

体は素直です。真にたのしくゆたかなひと時を過ごすと、「そうだよ^^」と言わんばかりにリラックスしてほぐれていくものです。

お腹がほぐれたのも、そんなMさまの素直さの反映でしょうね!!!

実は、Mさまは、すでにレイキは習得済でいらしたのですが、風の城のレイキ練習会(こかげの会)に参加するようになって、あらためて風の城でのレイキ受講を決意なさったという経緯があります。レイキの練習モデルは、その時のご縁でお友達になったAさま(気に対する体感覚が素晴らしく、手当をした時のフィードバックはまさに一流です^^)がつとめてくださいました。

レイキを学ぶといっても、ほんとうにたくさんのスクールや教室がありますが、教え方や伝え方は実にさまざまです。見えないものを扱うだけあって、そこには、教える人のレイキへの理解、実践の度合が否応なく現れてしまうものです。また、教える人の気質によっても、場の雰囲気や、レイキのとらえ方も変わってきますので、まさに、相性といった問題もあるでしょう。

レイキでは、感受性がとても大切です。万人に合う先生などいませんが、自分にぴったりな先生との出会いは、レイキを学ぶ上で、大きなアドバンテージとなるでしょう。

ですから、レイキを学びたいと思っている方は、教わる先生やスクールの雰囲気を、ヒーリングを受ける、交流会に足を運ぶ、などして事前に「感じる」ことをお勧めしますよ。

「ここで学びたいなぁ」「この人に教わりたいなぁ」という自分の中の素直な気持ちを大切にすることが、レイキとの幸運な出会につながることでしょう。

 ☆

Mさま、「大河は大我」という視点は、まさにレベル3でのテーマとも重なります。
よりゆたかに、より軽やかに。
我という大河の流れに耳を澄ませて生きてまいりましょうね!!!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ