「今までの疑問がとけたり、心がほどけていきました」

b

国立市Kさま(30代・女性)

風の城のレイキヒーリングをご利用いただき、風のつどいにも何度かご参加くださいましたKさま。レイキへの興味が高まりレベル1を受講くださいました。受講後にご記入いただいたアンケートをご紹介させていただきますね。

1.講義について

とても深かったです。今までの疑問がとけたり、心がほどけていきました。

2.実習について(手当の練習や、ヒビキの取り方、発霊法などのワーク)

やっぱり実際に一緒にやってもらうと理解が深まりすごくよかったです。

3.テキストについて

とてもわかりやすく丁寧で、かたよりのない素敵なテキストでした。

4.アチューンメントを受けた感想・印象を教えてください

いつものヒーリングとはまた違い、気持ち良い中に張りがあり楽しかったです。

Kさま、ありがとうございます!

すでに他のエネルギーワークのご経験があったからこそ、さまざまな疑問や、きっとそうなんじゃないか・・・、という想いを抱えておられたKさん。

受講後は、「レイキ講座を受けて本当によかったです!!!」と笑顔になりましたね。

終盤には「レイキってそういうことだったんだ・・・。」と歓喜の涙がこみ上げる場面もあり、わたしも目頭が熱くなりました。

「レイキ」と一口に言っても、そのとらえ方は、本当に人ぞれぞれ。わたし自身も長く実践する中で、そのとらえ方が変化してきました。

「レイキの通り道」というだけでは、じゃぁ、自分はどうなるの?

そんな疑問をしっかりとぶつけてくださったKさまには、わたしたが通ってきた道から得たひとつの視点をお伝えさせていただきました。

必要な人に、風の城でレイキをお届けできる。これもまた魂の喜びです。

ab風の城では、自分や他の人への手当のしかたをしっかり練習した後は、遊び感覚で身近なものを感じてみる、ということをしています。

最近登場するのは、このアボガドちゃん。昨年の11月から育てはじめて、いまはこんな感じ。

このアボガドを一緒に感じているとき。

葉の方はやわらかくて暖かいかんじなのに、種だった部分を感じてみると、「ピリピリする!!!」と、思いがけない感触に驚かれたKさま。(ちなみに、わたしは痛かったです!)

その瞬間、とても、とても大切なことを思い出されたようでした。

まさしく、新しい扉が開いた記念すべきレベル1となりました。

新しい風が吹き込まれたKさまのこころには、すでに輝くばかりの美しい世界が写っているようでしたよ^^。

h写真は、かの有名なひょうちゃん。

はじめてひょうちゃんを手にしたとき、わたしの中に深い衝撃とともに閃光が走りました。

まぁ、ちょっとしたビッグバンですね、笑!(くわしくは、近々ブログで^^)

とても大切なことを教えてくれたので、そのことを覚えていたくて、いつも身近においています。

時々、お客様のおもてなしにもこんな風に登場するのですが・・・。

この日は、ひょうちゃんの存在もわたしたちの背中を押してくれていたのかもしれません!

Kさまも、ひょうちゃんの登場に、意表をつかれたようです。しまいには、見れば見るほどかわいい~、と(笑)!

お客さまが笑ってくださるのって、本当にうれしいですね^^。

Kさまの素直で純粋な、みずみずしい感受性に、深く感動したひと時でもありました。

Kさん、本質を観て、感じて、生きていきましょうね!

(おお!感じるとは、観じる、でもあるわけですね。笑、笑、笑!!!)

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ