こんな時にもレイキ!

0810

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

日常生活の中で、ちょっと困った時、とりあえずレイキを試してみるとうまくいくことがあります。

たとえば、ETCカード。
車に搭載された読み取り機にはじかれてしまうこと、時々ありませんか?

そんな時は、両手の間にETCカードを挟んで少しレイキをしてあげた後、再び、読み取り機に挿入すると、たいてい大丈夫です。

わたしたち夫婦は、互いの実家が遠方なので、帰省時には高速道路を利用します。そのため、ETCカードを使う頻度が高いのですが、なぜか、時々はじかれるんですよねぇ(^^;)。

そんな時は、わたしがカードに少々レイキをすることで、その場をしのいでいます。

今回の帰省でもひさしぶりにそんなシチュエーションがありました。

SAでの休憩を終えて、いざ出発しようと、主人が、ETCカードを再び挿入したところ、「ピーーー!!!」という警告音が!

どれどれと、わたしがそれを手に取ってほんの少々レイキをして再び挿入したら無事読み取りOK!。

銀行のキャッシュカードなんかも、なぜかATMにはじかれてしまうという時。カードに軽くレイキしてあげると認識されるということを何度か経験しています。

こんなことがありました。

もう何年も前のことになりますが、ある日、それまで何の問題もなく使えていたETCカードが、突然、「ピーーーッ!」と、読み取り機にはじかれるようになりました。

それもつかうたびに毎回。そのたびに、助手席にいたわたしがそのカードに少々レイキをして事なきを得ていたのですが、ある時、ふと、ひらめいて主人に聞いてみました。

「最近、ETCカードの保管場所を変えた?」

すると、「うん。100円ショップで買った、キチキチのカード入れに入れてる。」との返事が。

あー、きっと、それだ、と思ったわたしは、主人に、そのカード入れを使うのをやめてみるよう言いました。

案の定、それ以来、使うたびに「ピーーーーッ!」と言われることはなくなりました^^。

人間だって身動きもとれないようなキチキチの服に身を包むなんて心地よいものじゃありません。きっと、そのETCカードも、窮屈なカード入れに保管されて、ちょっとご機嫌斜めになっていたのではないでしょうか・・・。

ということは、その物自体の波動がちょっと良くない状態ということなのですよね。だから、スムーズにいくはずのところが、うまくいかないということになる。

わたしの経験では、この程度の理由でしたら、少しレイキをしてあげれば、うまくいくということが多いのですが、同じETCカードの場合でも、カードの読み取り機自体の機能障害による通信エラーなどは、レイキをしても効果はなく、料金所でインターホンをおして、係りの人を呼びました(笑)。

まぁ、だめもとでレイキを使ってみると案外うまくいくこともあったりするので、ぜひ試してみてくださいね。

そして、こんな時につかったらうまくいったよ!というご体験がありましたら、ぜひ教えていただけると嬉しいです。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ