魂への心くばり~鎌田實著「がんばらない」より~

父の入院する病院で出会った一冊の本。

がんばらない (集英社文庫)

はじめは、氣楽な人生の勧めでも説いたものだろうと氣にしなかった。

しかし、病院の書籍コーナーの前を通るたび、このタイトルと何度も目が会う、笑!

ようやく手にしてみたところ、何氣なく開いたページの見出しが、「板挟みにあったオチンチン」。

「!!!」

なんのこっちゃと思ってその場で立ち読みしたら、「このお医者さん、なんてすばらしい方なんだろう!!!」と感銘を受けてしまい、初めから読むことにした。

読み進めるごとに、「こんなお医者さんがいたんだ!!!」という感動とともに、何度も胸が熱くなり、涙がこぼれた。

西洋医療が、今や人の魂への心くばりを忘れてしまっている部分があることを十分認識しつつも、患者さんの魂に寄り添うようなあたたかな医療をめざし、諏訪中央病院の立て直しを通じてそれを実現してきた医師鎌田實さんの著書でした。

折しも、父が入院し、お医者様をはじめ看護師さんのみなさん、リハビリの先生などたくさんの医療関係の方々にお世話になる中で、こうした分野の仕事を選んでいる皆さんへの敬意を感じている時でした。

父のお世話になっている病院は、地元では股関節の手術ではとても有名です。

院内は清潔で、観葉植物の手入れも行き届いています。フロアの各所に写真やアーティストの作品が展示されていて心が和みます。

そういう心づかいがあるのがとても嬉しいのです。

ある時、トイレに用意されている新聞紙に氣がつきました。おむつを包んで捨てることができるよう、一枚ずつきれいに折りたたまれ、使いやすく収納されています。その新聞紙のたたずまいの美しさを感じた時、この病院の精神性を見た思いがしました。

そんなことも重なって、長年医師として活動してきた著者の人となりや生き様が深く心に沁みたのです。

人という存在がただの物質ではないこと。

それは命であり魂であるということ。

そういうことを心の底から実感し理解している人が、医師として患者さんや看護師さん、地域の方々とかかわってきたエピソードはどれも温かく、何度も何度も魂が熱くなりました。

看護教育にもかかわっていた鎌田先生。

「勉強はできなくても、基本に看護が好きであることがどうしても必要である。看護することを大事にできない人は、いくら勉強させても成長しないことがわかった。ぼくらの学校の教育は愛情にあふれているが、とても厳しい。」

著書の中にこんなくだりがありました。

夜も父に付き添っている母からは、夜勤の看護師さんとのやりとりをいろいろと聴かされています。

父に接してくださるさまざまな看護師さんたち。その中で、看護が好きでそれを大事にできている人がどれだけいるのだろうか・・・。

とはいえ、医療の現場にかかわる方たちへのわたしの敬意は変わることはありません。

今となっては笑って話せるユーモアたっぷりの昔話として紹介されていた「板挟みにあったオチンチン」。みなさんにも、大いに笑って、そして、魂で泣いていただきたいたいです。

写真は、先日出会った雪柳。そのちいさな白い花のエネルギーの清々しさに思わず息をのんだ瞬間でした。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・3/30 風のつどい(レイキ交流会)
・3/18 こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆

人という存在が与える影響

またまたモモ(父の愛犬・柴犬の老犬です。)ネタです。

わたしは、子供の頃、野良犬が怖くて仕方がありませんでした。小学校の通学路で、一人で歩いているときに遭遇したら絶体絶命!

あの頃、一番怖いものは一人の時に野良犬に遭遇することでした。

犬って、嫌なのについてくる!!!

しかし、大人になるにつて、近所の野良犬はいつしか見なくなり、自分も体がおおきくなった分だけ、犬に対して怖いと思うことはなくなりました。

「なーんだ。わたしたち人間も、動物も、植物も・・・。この世界にあるものは同じもの(レイキという力)で生かれているんじゃん!」

レイキを始めてしばらくたったころ、そんなことに氣がつきました。

それ以来、動物や植物にもがぜん興味が湧きました。

わたしの心が開いたんですね。

言葉は話さなくとも、かれらとはつながっているという一体感を得るようになりました。

モモといる時もそんな感じです。

同じ命だよね、という共感がわたしにはありますが、それ以上に何かを求めることはありません。

「共感」というわたしからの氣持ちが一方通行でも構わないのです。

先だって、入院中の父の世話をする母のサポートの為に帰省した折、何度も散歩を一緒にしました。

すっかりおばあちゃんであんまり歩かない犬なので、お散歩の距離はごくわずかです。

その上、公園での休憩付きです。

わたしはその間、自分の体を動かします。

それは、自分の堅さや、体を痛める癖を生むような動きを取り去って、自分の中の自然と出会っていくひと時です。

調子が出てくるととても氣持ちがよく、レイキをして氣が満ち満ちている時のような清々しさのまま体を動かしている状態になります。

さすがに套路をじっくりやっている時間はないのですが、ひとしきりやってわたしの氣がすんだらこの時間は終了。

モモと一緒に、あっという間の帰路につきます。

すると、お尻をふりふりして、わたしをひっぱるくらい元氣に歩きはじめます。

公園につく直前には、もう歩きたくないよーという感じで、ようやくわたしの後をついてくる感じだったのに、まるで別の犬のようです。

しかし、元氣が出たのはいいけれど、勢いあまってわたしの脚の激突したり、勝手にリードに絡まったり、あげくのはてには、せんだっての記事でずっこけていたほんの数段の階段を一段とばしで駆け下りて二度とも着地で腰がくずれそうになっていたり。

勢いに、体がついてこない状態が少し続きます。

そして、お家までたいてい元氣に歩いてくれます。

そんなモモをみていて思いました。

わたしが氣もちいいなーと体をうごかしている時、その影響がモモにもおよんでいるのかもしれないなー、と。

人という存在が周りに、特に小さな動物たちに与える影響についてあらためて考えさせられる体験となりました。

若いころ、耳を掻きまくって垂れてしまいました。

でも、ご近所ではこれがかわいいと評判なのです。

一緒に過ごす時間が増えると愛しさが増すものですね💛

父も母もいない実家(父は入院、母は夜も病室で付き添いです。)で過ごした夜、モモがいてくれるだけで心強かったです。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・3/30 風のつどい(レイキ交流会)
・3/18 こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆

« Older Entries