「見る力」と「感謝の力」

みなさん、いかがお過ごしですか?

今年はことさら桜に癒されております。

そして、今、あらためて感謝するということを丁寧に実践してみて、そのパワフルさに驚いております。

風の城☆かおるです。

あたりまえだと思っていた日常が思いがけない展開となり、大変な想いをされている方、多いのではないでしょうか。

今の時期だれもが、不安や心配、恐れなどが浮かび上がってくるのは仕方のないことでしょう。

未知なるものへの恐れは、人としてはごく自然な反応です。

しかも、場合によっては命を脅かされるかもしれない、という。

これは、考えれば考えるほど怖くなります。

  • 自分の見るものが力を持つ

人は自分が見るものに力を与えることができますから、「怖いな、怖いなーーーー」とそのことばかりに氣持ちを向けていると、その問題が自分の心の中でどんどん大きくなって、自分を覆いつくしてしまいます。

「怖いな」
「嫌だな」
「心配だな」

など、自分の中にネガティブな氣持ちを感じたら、まずそれを認めてあげてください。

その後で、ゆっくりと氣持ちをポジティブな方向に持っていってあげましょう。

その方法は、感謝する力を使うことです。

 

  • 人間はエネルギーの増幅器

今「生かされている」という現実に目を向け、感謝の氣持ちとともに今の自分にできることを淡々と進めると、心が整ってきますよ。

おもしろいことに、人って、感謝をしながら怒ったり心配したりできないんですよね。

「怒るな」「心配すな」と五戒にもありますが、「感謝」することにフォーカスすると、そういうものが起こる暇がなくなってきます。

その上、感謝し続けていると、エネルギーがどんどん高まって、自分の中にある不安や心配がどんどん小さくなっていきます。

不安や心配はあっていいんです。

そういうものが大きくなりそうだな、と思ったら「ありがとう」と唱えながら、今生かされているという事実に目を向けてください。

そして、

命があるな
心があるな
雨風しのぐ屋根があるな
水があるな
食べるものがあるな
今一緒にいてくれる人がいるな、、、

などなど、有るものを数えてみてください。

少しずつ体がリラックスし、心にゆとりが生まれてくるのが分かるはずです。

こんな状況で、「感謝なんて無理だ―!」という方は、「今できることをする」だけでも心が落ち着きますよ。

 

  • みんなのためになる

不安の海に溺れるのではなく、感謝の力を使って自分のエネルギーを高めていくことで、世界に良い力を送ることができます。

レイキができる人は、積極的にレイキをして自分を整えるのも良いでしょう!

レイキ的な感覚を生かして、自分の中の良きものにどんどん意識を向けていきましょう。

人ひとりの心の在りようが、世界を変える力をもっています。

一人の心の平安がみんなのためになるのです。

わたしも、今フリーな時間がとてもあるので、家の中がどんどん綺麗になります。

手つかずだった場所に手を入れることができたり、料理に時間をかけられたり。

こんな状況でできることといったら、自分の中の良き部分にエネルギーを向ける事だよな、と思って日々過ごしていたらものすごくエネルギーが高まってしまい、うっかり「note」というプラットホームにデビューまでしてしまいました、笑!

心の泉からたくさんの言葉が生まれてくるので、なんと、今のところ毎日更新中です。

自分でもびっくりです!!!

世の中がふたたび動き始める時まで、存分に自分の中を耕し整えエネルギーを高めておきたいと思います。

そして、ひとりひとりが、自分の中の良き部分に意識を向けることで、世界がなんとかこの時期を乗り越えられるよう心より願っています。

「体感テレパシー」

太極拳のクラス。

「お~~~!!!」

先生との推手で、ものすごい「重さ」が伝わってきた。

これだけの「重さ」が伝わってくるということは、先生は自分の全体重を力に変えることができているんだ!

「先生のように自分の体の重さを力に変えるにはどうしたらよいだろう?」

クラスの後、そんな事を考えながら歩いていてふとひらめいた。

足元に、もっと自分の重さを感じてみよう・・・。

そんな風に意識したら、氣がぐっと足元まで下がっていい感じだ。

足裏から指の広がり、そこから立ち上がる甲の力、足首の関節まで、実感をもって歩くことができた。

すると、歩き方がかわった。

生のレッスンでは時々こうした体験が面白い。

先生に触れられたり、こうして推手をしたりすると、起こりやすい。

わたしは、これを「体感テレパシー」と呼んでいる(笑!)。

動画や読み物では決して得られない体験だ。そして、この手の動きは、言語化が非常に難しいので、体感テレパシーはものすごく便利である!

年明けのレッスンでもこんな事があった。

先生に触れた瞬間、先生のお腹の柔らかさがこちらの腹に伝わってきた。

先生の身体をめぐる動きの柔軟さが、推手をすることにより、直にわたしの身体に伝わって来たのだ。

この体験を機に、動くということの内的イメージが変わった。

そして、今朝。

久しぶりに近所の公園で時間を氣にすることなく体を動かす。

ここ最近は、体が調整中であんんまり積極的に動く氣分になれなかったので套路の前の準備運動で早々に公園から退散していたが、これまた久しぶりに85式の套路を全部行うことができた。

自分ではない別の生き物が、龍のようになって内を巡る。

まるで龍が自在に体の中をめぐるようだ!!!

そんな感覚が生まれる瞬間もあった。

先生は、動きについて言葉で詳しく説明しない。

習い始めた時から、

「氣持ちよ~く♪ リラックスして~♪」としかいわない。

それと「龍脈を使って動いてね。」と言う。

自分で動かなくても、体の中には自然に動きが伝わっていく道がある、ということらしい。

「龍脈」ってそういうことか・・・。

とその片鱗がわかりはじめて想うこと。

確かに。説明できない。

これまで自分が生きてきた中で体を動かすという概念とまったく違うのだ。

言葉で説明しようとすると、従来の身体の動かし方に囚われてしまう。

先生は、そのことがよくわかっているのだ。

言葉はものごとの、ほんの一面しか切り取ることができない。

真実の一部を写してはいるが、真実そのものではない。

それでも、「言葉」というツールを通して、会得した本物の素晴らしさを何とかして伝えたいというのが、人間かもしれない。

写真は、太極拳のクラスで使う和室の庭に咲いていた梅。

もうすっかり盛りをおえてしまった梅ですが、この日はクラスの前に少し時間があったので、庭に降りてみました。

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
2/29 参加者募集中!

・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
さおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から

Kaoruの天然石ブレスレット

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・

« Older Entries