Archive for Author kaoru

レイキをしている時ってどんな感じですか?

もうすっかり新緑の季節ですね!

みなさんいかがお過ごしですか?

写真は、わたしが体を動かす時の青空道場から眺めた街と空です。

道場の壁はすっかり新緑でおおわれてとても氣持ちがよいです。

若い緑のみずみずしくやわらかな氣に、自然とやさしい氣持ちになりますね。

「レイキをしている時ってどんな感じですか?」

先日、ふいにそんなことを尋ねられました。

「たとえば、頭頂から光が入ってそれが両手に伝わっていく感じとか、ですか?」

「うーん。それは、確かにエネルギーワークなんかの説明でよく見かける表現ではありますね・・・。」と、わたし。

すでに、レイキとの一体感は息をするように自然なことなので、どうやって答えるのがよいのか少し考えました。

とはいえ、もうどんな風にお答えしたか忘れてしまったのですが。

この空間にレイキというエネルギーが空氣のように満ちているとすれば、そのエネルギーの海の中にいるような感じ。

というのが近いかもしれません。

最近は、そこに「流れ」という感覚が加わりました。

それは、循環している大きな流れの中に自分が生かされているという実感から来るものだと思います。

レイキをする時は、大きなその流れを感じている。という体感があります。

風の城では、レイキを使うことに対して特別なイメージはあえてお伝えしていません。

それは、レイキに親しんでいく中で、自然に自分の中で生まれるものだからです。

そして、そのイメージも、レイキに対する理解の深まりにより変化していくものだと思うのです。

レイキを始めたばかりの人と、長年レイキを実践している人とでは、レイキをしている時の感覚も理解も違っていて当然のことです。

まずは、レイキに対するどんな小さな感覚でも、ご自分の中で生まれたものを大切にはぐくんでいってほしいと思います。

さて、すっかりレイキの海に生きているようなわたしですが、最近建て続けに面白いエピソードがあったので、新しいものからご紹介させていただきますね。

わたしにとって、レイキのヒビキの感覚は手当をしている時だけじゃなく、日常生活のふとした瞬間にも感じられるものなのです。

こんな風に、レイキになじんで生きていると、レイキをするともなくわたしの体と対象が響きあって反応したりということが起こってきてとても面白いです。

だからどうだってことはないんですが(笑)。

わたしにとっては、そんな瞬間が純粋に楽しいひとときです。

 

☆ ☆ ☆

 

風の城では、ヒーリングや講座などマンツーマンのメニューのみ承っております。風のつどいなど練習会を再開する際にはお知らせいたします。


レイキをどんどん感じていこう!

循環という輪の中で・・・

今年はまた一段と春が早いですね。

風の城では、近所の桜スポットがもう満開でしたよ。

わたしは、今はすっかり回復したのですが春の好転反応が出たりしていました。

みなさんの調子はいかがですか?

暖かくなるペースが早くて、ちょっと体がついていくのが大変かもしれません。

そんな時は、ご自分に手を当ててゆったりと過ごす時間を大切にしてくださいね。

 

緊急事態宣言が明けたので、実家の両親の様子を見に行ってきました。

2年前の手術後の事故で一時的に寝たきりになってしまった父も、今では、とぉ~ってもゆっくりではありますが、杖をついてお氣にいりの散歩コースを楽しめるようになりました。

とはいえ、足腰の弱い母にとって、家事全般と父の介助の負担は大きいのと精神的なストレスが氣がかりです。

両親には遠隔でレイキを送ったりしていますが、やはり顔を見て、肌で存在を感じられることはとても大切ですね。

そして、なんといっても、直接手を当てさせてもらえることはありがたいです。

  

  

今回は、両親のリクエストで三河湖にドライブに出かけました。

実家から、下道でおよそ1時間ほど。ほぼのどかな田舎道で、最後は山道を延々とくねくね上っていきます。

 

 

お目当ては、腰掛山荘というところの五平餅定食だったのですが(笑)。

幸運にもそこは、豊富な湧き水に恵まれた地でした。

腰掛山荘のお料理にはすべて湧水が使われています。

直前まで湧水に放たれている川魚もとてもおいしかったです!

 

 

写真は、山肌から突き出した竹筒から流れ落ちる湧き水。深谷の長命泉という名がついています。

両手ですくって二口ほどいただいたのですが、丸みを帯びた滑らかな味わいに、心が和みました。

しかし、そんなわたしの傍らで、田舎育ちの母は「生臭い!」とバッサリ、笑!

ちょうど、昔買った水の本を読み返したりして、改めて水について考えていたところだったので、わたしにとってはしあわせな出会いでした。

 

 

循環という輪の中で、無限にめぐる豊かさの、水は象徴。

あれから数日たった今。

そんなことを思います。

そして、「水」という字を「レイキ」という言葉に置き換えても、それは同じことなんだなぁ、と。

循環という大いなる秩序の中で生かされていること。

身に染みる今日この頃です。

 

☆ ☆ ☆

 

風の城では、ヒーリングや講座などマンツーマンのメニューのみ承っております。風のつどいなど練習会を再開する際にはお知らせいたします。


レイキを身に着けて安らぎの人生を

« Older Entries