Archive for 暮らし

輝く落ち葉の中で

なんということはない近所の公園。

きりりと冷える空氣の中、朝日に照らされた樹々の紅葉がとても綺麗でした。

足もとには落ち葉の絨毯が輝いています。

今年はこの公園の季節の移り変わりを2月から見てきましたが、こんなに美しい顏があることをわたしは知りませんでした。

「iPhoneもってこればよかったーーー!!!」

実家にやってきたわたしは、滞在中も套路をするために、朝一番でこの公園にやってきたのでした。

落ち葉の上に立つと、日の光をいっぱいにため込んだ葉のエネルギーを足元から感じる事ができて、とてもしあわせな氣持ちになります。

「そうだ!お父さんをここに連れてきてあげよう!」

この後、ちょうど前日に退院したばかりの父を、かねてから行きたがっていた喫茶店のモーニングに連れていくことになっていたので、その時にもう一度立ち寄ることを思いついたのです。

長い長い入院生活を終えてほっとする父と母。

父は父で、母は母で、それぞれが本当に辛く大変な9か月でした。

ほんの小さな思い付きだったけれど、近所の公園にこんなにも美しい瞬間があって、その瞬間を父と母と一緒に味わうことができたこと。

なんてすばらしい宇宙の祝福なのでしょう!

「驚異的な回復です。」

退院に際して、主治医の先生から贈られた言葉です。

「(父のような例で)杖をついてでも歩いて帰れるようになるなんてことはまずない。」ともおっしゃったそうです。

また、実際には、再度転倒するリスクを回避するために車いすまでの回復にとどめている、という現状もあるようでした。

我が家の場合、父に歩きたいという意志があったことと、父が母ひとりの介助で自宅で暮らすには杖をついてでも歩くことができるということは最低条件でした。

父は、転倒により右大腿骨を骨折し、その手術の直後に急性の呼吸不全に陥りまる2週間寝たきりになりました。また、単なる骨折ではなく、右股関節を人工股関節に入れ替えたばかりだったので、人工股関節を支えていた大腿部の骨が縦にも横にも割れてしまって、医師からは「くっつくのかわからない」という言葉がでるほどひどいものでした。

そんなわたしたち家族に、病院側の「歩けるようになるわけない」という空氣が重くのしかかりました。

しかし、わたしたち家族の目線は違いました。日々父に触れたり、理学療法士の先生とのリハビリの経過をみていると、希望が日に日に強くなり、最後にはこれは歩けるなという感触に変わっていきました。

毎日病院に通っていた母にとっては、病院からの「歩けるようになるわけがない」という無言の圧力は相当にストレスでまた辛いことでした。寄り添ってもらっている、理解されているという実感がわかないことは、辛い時ほど堪えるものです。

ところが、退院が近づくにつれ、父が歩けるようになったことを喜んで下さっているスタッフの方々の氣持ちが伝わってくるようになり、中には涙を流して喜んでくださる方もいました。

病院側のそうした反応に、これまでの心労が報われるかのように深く癒されている母を目の当たりにし、想いの共有が人の心にもたらす力をあらためて実感しました。

もちろん病院は、父にたくさんのレイキを使ったことを知りません。

急性の呼吸不全に陥った時、その回復期など、レイキが使えたことでなんとか危機を乗り越えたり、着実に経過を促進することができました。

それは「できることをする」という日々の積み重ねでした。

そんな中、自分の内から沸き起こる神聖なエネルギーに幾度も励まされ、助けられ、これでいいんだと自分を信じることができました。

どうやら、辛く難しい状況に置かれた時にこそつかみとることのできる光があるようです。

その時つかみとった光は、今もわたしの中で輝いています。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
11/30 参加者募集中!

・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
さおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から

Kaoruの天然石ブレスレット

どちらも風の城でお買い求めただけます

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・

蝶とピオニーのリース

今年もこの季節がやってきました。

年に一度のわたしの手仕事、クリスマスリースづくりです。

オレゴンモミをたっぷりと使うこのリースのポイントはリボン。

9月頃からリボンを探し始め、今年はなかなかピンとくる幅広(10センチは欲しい)のリボンがなかったのですが、ようやく金色の蝶の刺繍が入ったドイツ製のリボンを見つけました。

デコレーションはそれにあわせて、淡いピンクがかった微妙な色あいが美しいアーティフィシャルのピオニー(芍薬)を。

芍薬もとても好きな花の一つです。

リースづくりは、まず去年のリースを解体するところから始まります。

中に入っている金属製の台座を再利用するためです。

シーズンを終えたら、室内の高いところに飾っておくのですが、半年ほどでグリーンは色あせ最後にはこんな風合いに・・・。

色はあせても、乾燥して香ばしさのました香りのなんと豊かなこと。

触れれば身体が温まってくるようなエネルギーの強さがあります。

乾燥して水分がとんだ分、モミそのものの特質がより際立つのかもしれません。

逆に、まだ新鮮なオレゴンモミの枝に囲まれていると、深い森の中にいるような清々しい香りとエネルギーに包まれます。

モミを留めているワイヤーを切って解いていくと、言葉にならない氣持ちの高まりを感じました。

それは、この一年の感謝だったり、こうして今日を迎えられた感慨深さだったり・・・。一つだけ年輪を重ねた自分が、すこし小さかった去年の自分に出会っているようでもありました。

作ったものを紐解きながら、去年の自分の氣持ちにシンクロしていったのかもしれません。

無事、完成!!!

去年とはうって変わって落ち着いた雰囲氣になりました。

モミの圧巻のボリューム感!

このリースの前に立つと、フレッシュモミの存在感の素晴らしさを実感します。

⭐︎

今年は父のこともありましたし、わたし自身大きな変容の年でもあったと思います。まだまだ変容は加速しそうな予感ですが、リボンの蝶はそんなわたしへの応援のサインだと受け取っています。

⭐︎

今年もあとわずか。この1年を振り返り、新しい年の可能性に想いを馳せる季節になりました。みなさんはどんなお氣持ちでお過ごしですか?

楽しいこと、辛いこと、難しいこと、悲しいこと、あったかいこと・・・。きっと色々な事があった一年だったことでしょう。

風の城では、お正月が終わるまで、みなさんと世界のしあわせを願ってリースを飾らせていただきますよ。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
11/30 参加者募集中!

・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

« Older Entries