Archive for 暮らし

人という存在が与える影響

またまたモモ(父の愛犬・柴犬の老犬です。)ネタです。

わたしは、子供の頃、野良犬が怖くて仕方がありませんでした。小学校の通学路で、一人で歩いているときに遭遇したら絶体絶命!

あの頃、一番怖いものは一人の時に野良犬に遭遇することでした。

犬って、嫌なのについてくる!!!

しかし、大人になるにつて、近所の野良犬はいつしか見なくなり、自分も体がおおきくなった分だけ、犬に対して怖いと思うことはなくなりました。

「なーんだ。わたしたち人間も、動物も、植物も・・・。この世界にあるものは同じもの(レイキという力)で生かれているんじゃん!」

レイキを始めてしばらくたったころ、そんなことに氣がつきました。

それ以来、動物や植物にもがぜん興味が湧きました。

わたしの心が開いたんですね。

言葉は話さなくとも、かれらとはつながっているという一体感を得るようになりました。

モモといる時もそんな感じです。

同じ命だよね、という共感がわたしにはありますが、それ以上に何かを求めることはありません。

「共感」というわたしからの氣持ちが一方通行でも構わないのです。

先だって、入院中の父の世話をする母のサポートの為に帰省した折、何度も散歩を一緒にしました。

すっかりおばあちゃんであんまり歩かない犬なので、お散歩の距離はごくわずかです。

その上、公園での休憩付きです。

わたしはその間、自分の体を動かします。

それは、自分の堅さや、体を痛める癖を生むような動きを取り去って、自分の中の自然と出会っていくひと時です。

調子が出てくるととても氣持ちがよく、レイキをして氣が満ち満ちている時のような清々しさのまま体を動かしている状態になります。

さすがに套路をじっくりやっている時間はないのですが、ひとしきりやってわたしの氣がすんだらこの時間は終了。

モモと一緒に、あっという間の帰路につきます。

すると、お尻をふりふりして、わたしをひっぱるくらい元氣に歩きはじめます。

公園につく直前には、もう歩きたくないよーという感じで、ようやくわたしの後をついてくる感じだったのに、まるで別の犬のようです。

しかし、元氣が出たのはいいけれど、勢いあまってわたしの脚の激突したり、勝手にリードに絡まったり、あげくのはてには、せんだっての記事でずっこけていたほんの数段の階段を一段とばしで駆け下りて二度とも着地で腰がくずれそうになっていたり。

勢いに、体がついてこない状態が少し続きます。

そして、お家までたいてい元氣に歩いてくれます。

そんなモモをみていて思いました。

わたしが氣もちいいなーと体をうごかしている時、その影響がモモにもおよんでいるのかもしれないなー、と。

人という存在が周りに、特に小さな動物たちに与える影響についてあらためて考えさせられる体験となりました。

若いころ、耳を掻きまくって垂れてしまいました。

でも、ご近所ではこれがかわいいと評判なのです。

一緒に過ごす時間が増えると愛しさが増すものですね💛

父も母もいない実家(父は入院、母は夜も病室で付き添いです。)で過ごした夜、モモがいてくれるだけで心強かったです。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・3/30 風のつどい(レイキ交流会)
・3/18 こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆

自分が発するもの

父の愛犬モモとの散歩。

還暦のお祝いに、妹と一緒にプレゼントしておよそ15年。

今やすっかりおばあちゃん。

一緒に散歩をしていても、帰り道がわからないようで、あさっての方向に歩いて行ったり、リードを握っているわたしにぶつかってきたり!!!

ちょっとボケがはいってきてるかなー。

足元もおぼつかなく、歩く速度も本当に遅い。

よくある犬の散歩の風景は、飼い主の少し先をお尻を振ってうれしそうに歩いていく犬の姿だが、モモの場合それはあてはまらない。

ある時、公園の階段を数段、一緒に降りている時だった。

まだその時、モモのことをよくわかっていなかったわたしは、後ろからついてくるモモの方をよく見ずにトントントンと先に階段を下りていた。

どどどっという音に振り向くと、足元をもたつかせながら、斜めに階段を転げ落ちんばかりのモモの姿が!

幸いリードは短めに握っていたので、完全に転げ落ちてしまうことはなかったけれど、ほんの数段の浅い階段でも足がもつれてしまうことがあるんだな、とモモのことにひとつだけ詳しくなった。

先日。

その同じ階段を一緒に降りた時。

わたしは、モモがその階段の前に至るのをきちんと確認し、モモを氣にしながらゆっくりと階段を下りた。

ももの姿を見守っている自分。

氣がつくと、わたしはとてもおだやかでやわらかい感触の中にいた。

多くの場合そうだとは氣づかずに見過ごされてしまうかもしれないけれど、それに氣づいた時にはじめて、ああぁ!と心の底から驚嘆してしまうような・・・。

自分が発するもの。
それをまず体験するのは自分。
それが良きものである場合は、その恩恵を最初に受け取るのもまた自分。

そんなことを想った。

見守る。
その態度の底にあるのは、相手を思いやるやさしい氣持ち。
そしてその根本にあるのは、相手も自分と同じ命だという共感と相手への敬意。

若い頃は、この手のことには全く無頓着だったわたしだが、こういう事を実感し理解して生きるようになってから、心は穏やかで世界は美しい。

同じ日。

病室で過ごす父に寄り添う間に、こんな本を見つけました。


ザ・シークレット

もう何年も前かな?かなり話題になっていたように記憶しています。

父と一緒に懐かしい「水戸黄門」の再放送をみながら、ざっと目を通しました。

良き言葉、美しい信念の数々・・・。
心が洗われ、励まされました。

「自分の想いが体験することを決めるよ・・・。」

父の言葉や行動に一喜一憂しがちな母にも、勧めておきました。

もちろん父にも読んでもらえたら嬉しいのだけど。

ふたりのために私がでること。

わたしはわたしで、しあわせだと実感するところから、ふたりの為に自分のできることをすること。

写真は、雨上がりの美しい朝、潤に満ちた澄んだ空氣の中、朝日に照らされるビオラがかわいいなーと☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・3/30 風のつどい(レイキ交流会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*

« Older Entries