「興味が更にわいてきました」!@ マンツーマンレイキレッスン

h

川崎市麻生区Kさま(50代・女性)

レベル2受講後に、マンツーマンレイキレッスンをご利用くださったKさまからのご感想です。いただきましたメールの一部をご紹介させていただきますね。

かおるさん、こんばんは。
こちらこそ、マンツーマンレッスンでは大変お世話になりました。

かおるさんがその場でどう感じたかを話してくださるので、かおるさんと同じタイミングで響きを感じられたことが分かってとても嬉しかったです。

まだまだ響きの感じ方が浅かったり、冷たさや硬さなど分からないものもたくさんあるのですが、「何か」を実感できたことや、気づきがあったことは大きな収穫で、興味が更に湧いてきました。

ありがとうございました。

Kさま、ありがとうございます!

マンツーマンレイキレッスンでは、一時間ずつ、マスターのわたしとレイキをしあう、というのがその特徴です。

手を当てる様子を観察してのアドバイスや、ヒビキを一緒に感じていくというこかげの会のようなことはできませんが、このレッスンでは、わたし自身がモデルとなって、手を当てていただいている感覚をその場でフィードバックさせていただける、というのがその醍醐味ですね。

そもそも、ヒビキを感じるというのは、レイキを流すことによっておこる体の反応(体の気の動き)をキャッチしているので、実は、自分でも体感をよ~く観察していると案外感じ取れるものなのです。

たとえば・・・。

「あー、今、わたしの肩がピリピリしてきましたね・・・。ひょっとして、何かヒビキが出ていませんか?」

などと、わたしが問いかけると、

「あ、やっぱりそうですか!」

「わたしも、ピリピリと感じます。これがヒビキだったんですね!」

と、ご自分がすでに感じているのものに気が付くきっかけになることも多いんですよ。

もちろん、これはほんの一例にすぎません。実際には、もっといろいろな感覚を言葉にしてお伝えしていきます。

この日のレッスンでも、そんな分かち合いがたくさんありましたね。

レイキを始めたばかりのころは、ヒビキを感じられても、はたしてそれは本当なんだろうか?とか、自分で勝手に思い込んでいるだけなんじゃないか、と不安な気持ちが沸いてきたり、自分が持っているヒビキってこんな感じのものかなという思い込みのせいで、ささやかで繊細なヒビキの感覚に気が付かない、ということがあります。

そんな時、このレッスンをご活用いただけると、自信をもってヒビキを感じられるようになるきっかけになるんじゃないでしょうか。

また、近頃、レイキに面白みが感じられなくなっていたり、伸び悩みを感じている時にも、おすすめです。きっと、突破口が開かれ、新しい風が吹き込んできますよ^^。

この日は、Kさまに、とても丁寧に背中をレイキしていただきました。

これまでになく胸椎、腰椎、そして、腰の左側の部分のいくつかのポイントに、ものすごくレイキが効きましたね。軽く触れてもらうだけで、体がよ~く反応していました。

背面というのは、自分では直接手を触れることができないので、こうしてじっくりレイキをしていただけることは、本当にありがたいことです!

 

ヒビキを感じる力は、実践を重ねるほどにはぐくまれていきます。

「あー、そうだったのか!!!」という新たな気づきとともに意識がクリアになると(つまり意識がリラックスするのですね)、感受性もアップします。

短い期間で、すでにいろんなヒビキを感じとっておられるKさま。直感力もすばらしく、今後がますます楽しみです。

あせらず、ゆったりと。

レイキ道、たのしく歩んでいきましょうね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ