桃ひらく~もう十分だからいいよ~

momo3

風呂上り。

ふと、気になって、桃の枝に手をかざしてみました。

それは、らでぃっしゅぼうやという有機野菜の宅配便に添えられてくる、この季節だけの贈り物。

今年も、つぼみがいくつかついた枝が一本、わたしのところにも届けられました。

咲いてくれるといいなぁ、とお気に入りのブルーの器に挿しておいたのですが・・・。

「去年もここまでは開いたんだけど、これから先がひらかなかったんだよねぇ。」

昼間は、妹のところで、同じくある桃の枝を挟んで、そんな会話をしたことを想いだしたのです。

はて?

我が家の桃はどうだろう・・・。

残念ながらわたしには去年の記憶が定かではありません。

momo一番上のつぼみに手をかざすと・・・。

じ~んと手のひらに響いて密度が濃い感じのエネルギーが伝わってきましたが、 しばらくすると、すっきりと軽やかな印象に変わりました。

さらにかざしていると、ふわりと軽やかに、かすかにひんやりとした風を感じさせるようなエネルギーの質に変わりました。

人間で言うと、ヒビキが抜けた状態ですね。(まさに、疲れているとどんよりと重たく、すっきりすると軽快に!といった感じ。わたしたち人と同じですね。)

それで他のつぼみにも意識をむけて全体的にレイキを送っておきました。

トータルで1分もたつかたたないか、というくらいの長さだったと思います。

翌日。

目覚めて、桃の様子を観察してみると、どのつぼみも、少しだけほころんでいるように見えました。

手をかざしてみると、昨日ほどではありませんが、またじ~んと響くので、 しばらくかざしていると、ふたたび、ひんやりとした風をともなうような軽やかなエネルギーの質に 変化しました。

時間にして、ほんの少々。きわめて短時間での変化でした。

momo2

植物のヒビキは人間のものよりもうんと軽やかで繊細でわかりにくいですが、 経験を重ねていくと植物のヒビキもわかるようになります。

ふだんから、自分や人に手当をしている方は、時々は植物にも触れてみると、 案外、手のひらに感触が来ると思いますから、試してみくださいね。

 こうしたエネルギーでは、満ちればその吸収が収束していくというのが、自然の理ではあるのですが、手をかざしながら変化していく桃のエネルギーを感じ取っていると・・・。

「もう十分だからいいよ。」

そんな桃のことばを聴いたような気がしました。

必要な分だけいただく。
自然の謙虚な姿を見たような思いがいたしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ