レイキを始めて変わったこと (Sさまのレベル2~その1~)

風の城でレイキを学んでいただいて、順調に2,3へとステップアップしていただけるのは、とてもありがたく嬉しいことです。

その経過の中で、レイキを始めてからのご自身の変化について教えていただけることはなお嬉しいです。

わたし自身、レイキを実践する中でいまだにたくさんのことをレイキに教えてもらっています。

みなさんともそんな学びを共有できるのは、わたしの深い喜びのひとつです。

レイキを始めて変わったこと

「レイキを始めて、家族やまわりの人にありがとうということが増えました。」

先だってレベル2を受講された折、Sさまからそんなご自身の変化を教えていただきました。

「ありがとう」という言葉に深みが増したともお話されていました。

まさに、レイキというエネルギーの質が導くありようですね。

レイキを続けていくということは、レイキというエネルギーの質に自ら心を開いていくということでもあります。

その結果として現れるご自身の変化を、今後も観察していきましょう!

ちなみに、わたし自身のことを申し上げれば、今や、レイキとともにあることで変化していく自分を観察することは飽きることのない趣味と化しています(笑)。

わたしのようなわがままな人間でも、レイキと呼ぶエネルギーに素直であることで、日々を安らかにゆたかに過ごすコツを得ることができるのがレイキの素晴らしさです。

ご家族へのレイキ

また、Sさまのレベル2を受講されるまでに体験したご家族へのレイキについてもお話くださいました。

  • 今まで病氣知らずだった2歳のお嬢様へのレイキでは、お腹の冷えを感じたり、湿疹がでて驚いたこと。
  • 日頃からお仕事などでお疲れ氣味のご主人さまへのレイキでは、ヒビキがものすごくたくさん出ること。

ヒビキとして未病を感知していけるところがレイキの魅力です。

その調子で、ご家族にどんどんレイキしてあげてくださいね。

時間の経過ともに、ヒビキの質が変化していくことに氣づくでしょう。

そのころにはご家族の調子にもぐっと変化が現れたり、思いがけない効果がもたらされるかもしれません。

レイキの良いところは、ご家庭の中でコツコツと実践を積み重ねていけるところです。

状態が深刻でない方がその変化を余裕を持って観察することができますから、日々のレイキの実践を楽しみましょう。

その経験が、いざという時でも落ち着いて淡々とレイキをする胆力を育てます。

次回は、ご自分とご家族へのレイキを通じて、存分に手当の体験を積んで臨まれたSさまのレベル2での体験をお伝えさせていただきますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ