沖縄への旅 その1 ラフテーを食べる!

友人が、ずっと夢だった沖縄でのリトリートを、久高島で開催するというので、わたしも参加させていただきました。

 

今年の春先に、この(↑)たかのてるこさんの本で久高島のことを知りました。

その後、別の友人からも久高島に行ったよ~、という話を聴いていたところに、この旅の企画のお話。

綺麗に久高島の三連続。

これは、行ってみよう!と思ったのです。

そもそも、日常に満足しているわたしは、とーーーーっても出不精です。

でも。

たまには、旅に出るもいいかなと思ったんです。しかも、居心地の良いパートナーと一緒ではなく、ちょっと違う環境に身を置いてみるのもいいかな、と。

しかも沖縄。

飛行機にのるし、わたしの行動範囲からすると、と~っても遠い!!!

早朝。

羽田に向かう直通バスの中。

うつらうつらしていると、バスの中に差し込む朝日に気が付きました。

こうして旅に出られるありがたさに感極まり、うっすらと涙ぐんでしまいました。o1

こちらは、羽田空港でいただいたチャイです。

日の出前の出発で冷えた体を温めてくれました。

いよいよ始まる旅へのときめきが、この一杯を輝かせます。

そして、いよいよ離陸。

飛行機に乗るのは五年ぶりくらいかな。

離陸するときの感覚が、ジェットコースターみたいで楽しかった。

o2実は、飛行機は、狭いし窮屈だし、落ちるかもしれないし!?というちょっとした恐怖もあり苦手だったのですが、 そんな意識はすっかり影をひそめていましたね。

それよりも、離陸するときの浮遊感が楽しくて、子どものようにはしゃいでしまいました。

ところが気が付くと、なんだか肺のあたりに違和感が・・・。

あれれ!?と感じていると、どんどん痛くなっていきます。

しばらくレイキをしていると、しだいに楽になり症状は消えました。

出発が早朝かつとても寒い日だったので、体が冷えていたせいもあるのでしょう。 肺の気が薄くなっていたんだと思います。畿内は乾燥しているし、地上と上空とでは、環境が大幅に違いますからね。

帰りの飛行機では、そういうことはありませんでした。久高島でチャージしたエネルギーで肺のエネルギーも厚くなっていたのでしょうね^^。

機内では友人と話をしていたので、あっという間。

沖縄に降り立つと、友人と一緒にこのイベントを企画してくださった沖縄の方が 迎えに来てくれていました。

o3そして、ランチにと案内してくださったのが、こちらの沖縄そば。

ラフテーという、厚切りの豚ばら肉が煮込まれたものが、のってます。

実は、肉は、生まれつきあんまり得意じゃありません。脂身が苦手なのです。これで、どれだけ学校時代の給食で苦労したことでしょう(笑)!!!

しかし、しかし。
なんと、なんと。

この旅では、わたくし、このラフテーを何度もいただくはめに(笑)。

思い切って口にいれてみたら、脂身はそんなに気にならず味はとてもおいしいのです。そして、このラフテーがあるから、おそばもおいしくいただけるんですね。

三泊四日の滞在中に、このラフテー入りの沖縄そばを三回もいただく流れに。

「思い切って体験してみると、おもしろいことがあるよ!」ということなのでしょうか。

「食わず嫌いもほどほどに」と言われているような気も。

しかし、わたし的には「限界を超えていきたい」という自分の意思表示と理解したいところです。
(スケールがちっさくて笑っちゃいますが、笑!!!)

お昼をいただいた後は、この日は、友人と別れて単独行動。

午後は首里城で過ごしました。(次回に続く!)

2 comments

  1. 真美 より:

    限界を超えて行く!いいですね!いって下さい!
    私は最近、「成り行きに任せる」がテーマです。現状を信じ切ります!

    • kaoru より:

      真美さん、コメントありがとうございます!
      はい、限界をこえていきたいですね!!!

kaoru にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください