Archive for たび・であい

「上昇海流」@ジブリ美術館

ジブリの大ファンという主人の姉を伴って、ものすごく久しぶりにジブリ美術館を訪れました。

わたしたち夫婦にとっては三回目のジブリ美術館。最後に訪れたのは、もう10年近く前のような氣がします。

もう知っている場所だし、義姉の付き添いという感じで何とも氣楽に足を運んだのですが、「動き始めの部屋」に展示されていたひとつのゾートロープに心がくぎ付けになってしまいました。

館内は撮影禁止なので、画像がありません。こちらの記事の後半にこのゾートロープの写真と記事があります。

その手元から飛び立っていく、無数の白い鳥を見送るように顔をあげるロボット兵。

心など宿るはずもないロボットの、生き物と心を通わせているかのようなその姿が、人々の心の琴線に触れる・・・。

多くの場合、見る人にそんな感慨を与えてくれるゾートロープなのだろう。

しかし、わたしにはそんな人ごと(ロボット事?)には思えなかった。

長いあいだ
心を覆っていた鎧が
ふとしたきっかけで
くずれ
剥がれ落ちていく、、、

そんな瞬間に出会ってしまった人の姿と重なってみえたのだ。

鉄の塊でできたロボット兵が、今のわたしたちの心の姿に思えてならなかった。

わたしはそのゾートロープの前で、立ち尽くした。

頑なさが溶け
心の中に
熱いマグマが沸き起こるとき

人は
食べて寝て
生きているだけのものではなく
尊い何ものかであることを
自覚する

それは
透明で温かな確信にみちた力

魂が沸き立ち
「そうなんだ!」と
わたしたちを鼓舞する力だ

しかし
何かに囚われている時
この力は使えない

悩んでも
間違っても

この力を感じられる場所に
戻って来ることができればいい

ロボット兵が
鳥に心を開いたように

わたしたちの心もまた
重たい鎧を脱ぎ捨てて
はばたくのを待っている

一緒に行った義姉はジブリの世界観に大喜び!!!

子供のように無邪気にジブリの世界観を堪能してくれていました。

その世界観をいかに大切にしているか、そしてまた遊びに来てくれるわたしたちゲストのことも同じくらい大切にしている氣持ちが伝わってくるジブリ美術館。この世界とわたしたちに対する深い思いやりを感じられる空間です。

並んではいったカフェ「麦わらぼうし」では、ごちそうスパゲッティ、ポタージュスープをいただきました。有機栽培のお野菜など体に良い材料をふんだんに使っているので、おいしいだけでなく、いただいているとお腹の底からポカポカと力が湧いてきます。

良いものを届けたい!
この世界をより良きものにしたい!

そんなポジティブな力がお料理から伝わってきて、じんわりと癒されました。

デザートには「ふぞろいのいちごのショートケーキ」をいただきました。スポンジが妙においしくて、程よい甘さのやさしいケーキ。

これ、いままで食べたことのあるイチゴショートで一番好きです。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
9/28 参加者募集中!

・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆

湯とつながるしあわせと腹へのレイキ

みなさん、こんにちは。

風の城☆かおるです。

30度くらいだと涼しいと感じてしまうような過酷な夏をいかがお過ごしでしょうか?

わたしたちは帰省の旅の帰りに、ちょっと涼しいところに立ち寄ってきました。

箱根は芦之湯温泉のとある温泉旅館。

二階の窓から眺めるこの景色も、わたしたちにはすっかりおなじみ。

青々と苔がしげるこの中庭の緑の美しさに毎度心奪われます。

ここは麓に比べて10度程氣温が低いのでエアコンもいりません。

窓を開け放てば、雨の音ともに流れ込む自然の風。

あーーーー、極楽♪

山ならではの氣の豊かさも相まって、生きた自然の風に命洗われる想いがしました。

お湯は加温も加水もしていない、源泉かけ流し。

このお湯がすっかり氣にいって、もう長くこの宿に通っています。

ここ数年、夏がものすごく暑くなってからは避暑もかねて夏に行くことが多くなりました。

ここに来ると、何度も湯に入ります。

次第に肌がつるつるになり、温泉臭さも沁みついてきます(笑)。

今回は何度入ったかなーーー???

たまたま、最後の湯に入る直前に、布団に横になったまま自分のお腹にレイキをしていました。

特段の不調がなくても、わたしは時々こうして自分の腹の調子をレイキで確認します。

両手の指先でぐっと押して弾力があればOK。もしも堅さを感じたり、押した時に軽く痛みを感じるようならそこにレイキをします。ヒビキが出る程のものではないのですが、短い時間でもすぐに氣の通りがよくなり、押した時の痛みもなくなります。体の変わり目などの時には、軽く冷えを感じることもありますが、今では、それもすぐに抜けていくようになりました。

根深い冷えがあったり、何か慢性の症状を抱えている状態だと、こうした反応の良さはありません。反応(ヒビキ)が出るのに時間がかかったり、元氣よくヒビキがでてもそれが抜けていくのに時間がかかります。

腹の状態は頭や手足の先まで全身への氣の巡りに大きく影響するので、特に不調がなくてもレイキで確認して、氣のとおりを良くしておくのはお勧めです。特に、最近の夏は命にとって過酷ですので、知らず知らずのうちに氣の歪みが蓄積されやすいですからまめに調子を見てあげましょう。

湯に入ると、今回の滞在でそれまで何度も湯にはいってきたのとは違う心地よさにわたしは包まれました。

はて?
これはいったいどうしたことだろう???
感じることしばし。
思い当たることがありました。

直前のレイキで氣の巡りがよくなったおかげで、湯との一体感がそれまで以上に高まっていたのでした。

自分の中にも、湯の中にも同じものがあって、その同じものが一緒になって響きあっている・・・。

ひとつだと感じられる時、ひとは安心し幸せを感じる。

わたしは湯とつながることで、そうした幸せに包まれていたのでした。

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
なかざとさおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から
お求めいただけます♪

Kaoruの天然石ブレスレット
展示販売しています☆彡

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆

« Older Entries