Archive for こかげの会(レイキ練習会)

進化(深化)するレイキ

今年初、こかげの会(レイキ練習会)でした。

おふたりとも昨年のうちにレベル3を終えたベテランさん。

何度となく練習会にご参加いただきながら、着実に段階を踏んでステップアップして来られました。

一般的に、マスター取得を目指す人でもなければ、「レイキはレベル3で終わり」というイメージがあるかもしれません。

しかし、実は、レベル3からがまた新しいレイキのはじまりなのです!

自分自身の中での気づきを重ねて、レイキを進化(深化)させていくという、はじまりです。

この日、レイキはいつでも「ここ」にあるのだ、という気づきを得たという話をしてくださったお客様。

この気づきにより、レイキをする時により安心して手を当てられるようになり、これまで以上に不安や心配から自由になれた、とのお話しをしてくださいました。

これが、存在の質の変化です。

レイキの実践を続けていくということ。

それは、こうした気づきを重ねて存在の質を変化させていく、ということです。

それが手当の質を高めていくことになります。

レイキを進化(深化)させていくことの醍醐味です。

この練習会では、1時間、わたしと一緒にレイキをしていきますので、レイキをすることによって浮かび上がる様々な現象についてご説明させていただくことができます。

この日は、お二人ともよく反応がでましたから、いろんな分かち合いができましたね。

また、感じる力も高いお二人でしたので、その分、詳しくお伝えさせていただくことができました。

長い時間レイキをするからこそ浮かび上がる現象(体の反応や感じる事)について分かち合うことができるのがこの練習会の魅力ですね。

こういうことは、テキストで読んでも実感がわかないし腑に落ちませんが、実際に起きている現象を目の当たりにすると、実感が増します。また、レイキの手当をしっかり行っていくほど良いも悪いもいろいろな反応が出てくるので、それをきちんと理解していくことが健全なレイキの普及につながりますね。

この日は、お二人のレイキが進化(深化)しているご様子を目の当たりにすることができました。

日々のレイキの実践から生まれるレイキ話も楽しかったです。

お送りする車の中でもお話しがはずみましたね。

「対面は体に来るけれど、遠隔は存在そのものに深くアプローチされている感じがする」、なんてお話も出て興味深かったです。

写真は、窓辺で摘んだ貴重なパンジーです。

愛おしくて、ありがたくて、思わずパチリ💛

この冬の冷え込みの厳しさで、時折、朝は凍っているのですが、昼には溶けて元気になります^^。冬の花とはいえ、パンジーの生命力には感動しています。

こかげの会、今月の募集は終了しましたが、2月のご希望を受け付け中です。

こちらをよくご覧の上、ご希望の日時をご連絡くださいね。

お申込み、お待ちしておりますよ\(^o^)/

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

ひとつ輪になって
みんなでレイキを楽しもう!

レイキがはじめての方は風のつどいを
レイキ経験者はこかげの会もぜひ

現在募集中のレイキ交流会・練習会です

風のつどい(レイキ交流会)
・1/27(土)受付中!

こかげの会(レイキ練習会)
2名様限定のセミプライベートレッスンです
・2月のご希望日受付中!

レイキ講座も随時受付中!
詳しくはリンクをご覧くださいね
みなさまとのひとときを楽しみにしています^^☆

~art workリリカル~
「心に響く一枚はどれ?」

なかざとさおりさんの水彩画
新しい作品が届きました

ポストカードサイズの作品は
500円からお楽しみいただけます♪

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

「ありがとうタルト」とこかげの会

けがをした時や不調の時、その場でレイキができる。

これが、自分でレイキができることの一番のメリットですね。

かんたんな不調なら、数分レイキしているだけでも、気分が回復してくるし、けがをした時は、直後のレイキが功を奏します。

先日のこかげの会(レイキ練習会)では、ちょうど数日前に足首をねん挫したばかりというお客様がご参加くださいました。

普通には歩けないほどだったので病院に行き、自分でもたくさんレイキをされたそうで、回復のスピードは相当アップしている実感があるとのことでした。

もちろん、この日の練習会では、ねん挫した足首を丁寧にレイキさせていただきましたよ。

まずは、もう一人のご参加者にその部分を担当してもらいました。

「これが、冷たいという感覚なんですね~。これはもう、迷うことなくはっきりとわかります。」 と初めての感覚を受け取っておられました。

体験は何よりのギフトですね!

そして、後半はわたしが担当。

けがをされた日からすでに数日たっていましたので、大きな反応はありませんでしたが、手を当てていると、硬く冷たい感じがしたのがしだいに緩んできて、患部とその周辺のエネルギールートがよく動いているように感じられました。

レイキ終了後は、ねんざした足首の違和感もいっそう軽減され、歩きやすくなったと嬉しそうなお客様。

絶妙なタイミングでの練習会となりましたね。

お二人とも、ふだんからご自分にもよくレイキをされているのですが、人にしてもらうのはまた格別のようです。

おふたりの「気持ちがいい~!」という言葉をおききするたび、わたしの方にもありがたさが満ち満ちてきましたよ^^。

練習前後のティタイムでは、いろいろなレイキの体験談で盛り上がりましたね。

レイキを始めたらこんな風に変わったとか、アチューメントの時の体験は本当に人それぞれなので、いろいろ教えていただけるのはとても楽しいですね。

レイキほど実践してみてその個性が出るものもないんじゃないかなぁと思います。

おひとりおひとりのお話に丁寧に耳を傾けることができるのもこかげの会の魅力です。

何気なく話したことが、実はその場にいる誰かのためだったりするんですよね。

そんな素敵なシンクロ二シティも、場を盛り上げてくれましたよ。

<お二人に追伸>

早速、例の本をキンドルで読み、近所の神社に行ってきました。
ささやかですがなかなかおもしろい感覚を味わうことができましたよ。

楽しく豊かなひと時をありがとうございました!

またぜひともレイキ、ご一緒させてくださいね。

写真は、この日にお出ししたお茶のお供「ありがとうタルト」。

某パティスリーの小さなケーキです。前々からこかげの会でお出ししたいな~、と思っていたのですが、ようやく実現しました。

« Older Entries