Archive for シンクロニシティ

猫、猫、猫、そして地球暦

neko2その日のお昼。

以前から、気になっていたひだまりカフェに行こうということになりました。

家庭料理の素朴なおいしさを味わいながら、ふと、窓辺に目をやると、なんと猫ちゃんが。

「いつの間にやってきたのかしらねぇ。」

なんて話しながら、その印象的な佇まいに、背後から思わずパチリ。

お会計を済ませてカフェを出ようとすると、一冊の本が目に留まりました。

美しい装丁に思わず手を伸ばすと、その名も「猫の魔法」。

カフェのママいわく、ぱっと開いておみくじのように使ってくださいと。

すると、大吉が!続いて開いたわが風の城の執事も、大吉。

これ、大吉ばっかりなんじゃないの、と本をよくみると、凶までちゃんとある。

「これは、お互いいい感じだね。」

猫の魔法にさらに気分をよくしたわたしたち。

店内を見回すと、そこらじゅうに猫のディスプレイ。表に出ると、玄関まわりも猫でいっぱいでした!

 

夜はマシマタケシさんのTobirae展に行くことになっていました。

そこで、お供に手に取ったのは、こちらのポケットバシャール(わたしが勝手に命名しました・笑)。

電車の中で、何気なく開いたページに、こうありました。

あなた自身の波動を一番よく見せてくれるシンボル、象徴が、身のまわりに寄ってきます。

あなたは のように、たくさんの をスルスルと抜けていくことができます。

 

会場につくと、マシマさんの美しい 扉絵 たちにすっかり魅了されました。

フェイスブックやブログの写真でみるのとはまるで違う。存在感と、そのうちに含む世界のしんしんとした奥深さが、 わたしに何かを語りかけてくるようでした。

この時、マシマさんという存在そのものからも、問を投げかけられたような気がしました。

そして、この日の、もうひとつのお楽しみは、数とカタチの研究家小野満麿さんのギャラリートーク。

マシマさんからこのトーク告知があった時。

「これは行かなくっちゃ!!!」

ビビビっと体が反応しました。

 

会場は、大入り満員。

満呂さんのお話がはじまるというので、なんとか床にスペースを確保して座り込みました。

目の前には、プロジェクター。その隣に満呂さんのパソコン。ちょうどディスプレイの裏側が見え、そこには、ちゃんのシールが貼ってありました。そして、満呂さんご自身が「冷えるからねー」と履きだしたのは、 耳までついた をかたどった足カバー。

 

そ・し・て。

 

プロジェクターの台となっていた段ボールを見ると、地球暦という文字が!

どうやらその箱には地球暦が20部入っているようでした。

実は、この1週間ほど、「暦」ということを意識しはじめて、去年見知った地球暦を今年はほしいなと思っていたのです。

満呂さんと、地球暦を創っている方がご友人とのことで、興味がいる人がいれば・・・と託されたそうです。

今年は、一部3,500円でお譲りいただけましたよ。紅白の紐が印象的なラッピングも素敵で、惑星のピンもついています。(地球暦は春分の日がはじまりなのです。)

満呂さんのお話は、数とか星々のことにはめっぽう弱いわたしにも、なにやらとてもわくわくするものでした。満呂さんが熱く語ってくれる 宇宙の不思議が、自分が日々の小さなシンクロニシティに出会う時の感覚となぜか似ている気がして・・・。

どちらも、全貌がいまだ見えない、宇宙の、ほんの創造の一端を垣間見るようなわくわくとどきどきを体感している。

そんなところが共通しているように思いました。

満呂さんのこと、すっかり気に入ってしまったわたしは、フェイスブックで友達申請させていただきました。すると、プロフィールのお写真には、黒い猫を抱きかかえる満呂さんが!

相当の猫好きでいらっしゃるのですね。

猫、猫、猫、地球暦。

この美しいシンクロニシティ。ここから読み取れるメッセージは、いろいろあって、語りだすと切がないのですけれど・・・。

わたしの意識の変化が投影されたものであることは、間違いありませんね。

さぁ、これからは、猫のようにスルスルと扉を抜けていきますよ^^☆

 

ギャラクシーウォレット

先日のセッションで、じゃんぐるままさんに指摘された「もやもや」というキーワード。

とてもとても気になりました。

そのせいでしょうか。翌日、本屋に立ち寄った際、こんな本を見つけました。

鮮やかなブルーと黄色の帯が目にとびこんできて、思わず手に取ると、さっと開いた最初のページには「もやもや」 というキーワードが!

迷わず購入を決めました。

そして、本田健さんの本でも・・・と書店の棚を巡ると。

(先日、ふとしたきっかけでパートナーのiPadにあった電子本↓を見て、小学校の道徳にこんな本が取り入れられたらいいのに、と思い、本田健さんの他の書籍にも興味が湧きました。)

「やぁ!」(実際に聞こえたわけではないですが、心にはこんな感じに響きました^^)
と、新・ハトホルの書がどーんど顔を出しました。(そして、その瞬間に、健さんの本のことは忘れてしまいました。ごめんなさい!)

おお、そうだそうだ、これ探していたんだ!と、中身を少し見てこれも買うことに。

実は、その直前。書店に足を運ぶ前、時々立ち寄る雑貨屋さんで、これまた運命の出会いがありました。

gw1名付けて「ギャラクシーウォレット」!

もう、店頭で見た瞬間に、こちらもどんぴしゃで意識の中にとびこんできて、 即座に「ギャラクシーウォレット」という名前が浮かびました(笑)。

とはいえ、普段、自分が使う語彙の中にはなかったので、はて、ギャラクシーって??? と調べると、「銀河」という意味があるようでした。

gw2実は、ここ最近ずっとお財布がほしかったのです。今のものは、結婚以来、もう13年も使っているものだったので。今年は、月のリズムを意識していきたいので、旧暦の新年から使い始めようと思っています!

帆帆子さんの本(冒頭にご紹介した水色の本ね。)は、とても読みやすく、自分の過去の体験と照らし合わせるようにして サラサラと心地よく読むことができました。帆帆子さんがおっしゃるシンクロのお話は、自分にも通じる部分があり、 あらためて、自分のメッセージの受け取り方のセンスを磨いていこうと思いました。

そして、問題の「もやもや」です。(この時には、もやもやの正体は、大方検討がついていました。) この本にあったエピソードや、帆帆子さんの提案はとても参考になりました。

でも、いますこし腑におちきらない。もう、あと一歩な気がするのです。

まぁ、そのうちわかるだろうと、新・ハトホルの書を読み始めました。

今回の新版で追加された、トム・ケニオンさんの、「私の旅ーハトホルに出会うまで」を 読み進めると(また、この部分がいいのです!)、その中に出てきたのが当時のケニオンさんの愛車・・・

フォード・ギャラクシー!!!

当時ケニオンさんは「ビッグレッド」と名付けて頼りにしていたそうです。

新・ハトホルの書は、今までの内容が整理され読みやすくなっていました。新たに紹介されていた「幾何学のワーク」には 実際に取り組んでみようと思っているし、ヴォイスヒーリングの音源も、あたらしい次元に意識を 合わせるのにとてもよさそうです。

そんなこんなで、「もやもや」は気になりつつも、その時できること、したいことに静かに向き合っていました。

その間にも、じゃんぐるままさんのところでもらった鑑定のメモ書きを何度も見直していると、 新しい何かが自分の中でうごめき始めているような感覚がしだいに明確になってきました。

もう、このままじゃダメなんだ。という確信とともに。

そんな流れの中。ある日の朝。公園に向かって歩いていると、ハートの内側からどっとあふれ出る暖かなエネルギーを感じました。

そして、公園についてジョギングを始めたとたん、そのエネルギーは涙となってあふれ出し、わたしは、その瞬間にさとりました。

それは、まるで、凍結されていた愛が、涙となってあふれ出たかのようでした。

同時にわたしのあたまの中では、ひとつのイメージが体感をもって展開され、わたしが望む本当の現実を描いていました。

ああ、そうかそうか。そういうことだったのか・・・。

そう、「もやもや」の正体がはっきりしたのです。

じゃんぐるままさんの鑑定をきっかけに引き起こされたシンクロ二シティに導かれ、 わたしは、ようやくその答えを得たのでした。

きっと、じゃんぐるままさんの鑑定を受けなければ、ここまでたどり着くのにもう少し時間がかかったかもしれません。

ひょっとしたら、何年も先のことだったかもしれません!!!

今、気が付くことができて、本当に良かったです!!!

じゃんぐるままさんをはじめ、ここにご登場のみなさまに心からの感謝を申し上げます。

(謙虚さという美徳をはぐくむことを決意したKaoruより^^☆)