Archive for アート

思いがけないヒビキにびっくり!&風くんの歌声

少し前まで、暑さに嫌氣がさすほどだったのに、なんという涼しさでしょうか!!!

体一杯に満ちていた夏が一氣にいなくなり、ものすごく寂しい氣分になっております、風の城☆かおるです。

季節の変わり目ですね。

冷えやすく固まりやすいわたしの体は、この氣温差にすっかり影響を受けています^^;。今日は一日小雨がやまず表を歩く氣にもなれないので、思わず部屋の中で太極拳をしてしまいました。

みなさんは、いかがお過ごしですか?

こんな時こそ、ご自分やご家族に手当をして丁寧に過ごしていきましょうね。

特段の不調がなくても、わたしはふだんから主人にはできるだけ添い寝レイキをするようにしています。

先日は、主人の腎臓から思いがけないヒビキがありとても驚きました。

まだ、こんなにも涼しくなる前のことです。

腎臓に手を当てますと、ずいぶんヒビキが出ることが続きました。

おかげさまで、数日でそれは落ち着いたのですが、その中のとある夜にはレイキをしてもなかなかヒビキが抜けないので、ふと時計を見たら40分もたっていて驚いたことがあります。

こまめにレイキを続けてきた主人の体で、不調でもないのにそんなにヒビキが長引くことはないのです。

夏の疲れが出ていたのでしょうかね。

これは、たまたま添い寝でレイキをしていたから氣づくことができた訳ですが、そうした習慣がなければ、主人の腎臓は疲れをためたまま過ごすことになり、それは心身の不調として近い未来に顕在化したかもしれません。

日ごろからよく手当をしていると、自分の体でもこういうことは時々あるのですが、そんな時、レイキを知っておいて本当に良かったなー!!!と思います。

近年は季節の移り変わりもかなりダイナミックになってきましたし、色々と変化の大きい時代になってきていますね。

氣がつかないうちに疲れが溜まっていたり、ストレスを感じていることがあるかと思います。

まずは、ご自分に。

そして余裕がある時にはぜひご家族にレイキをしてあげましょう。

さて。

自粛期間中に覚えたnoteですが、いまだにマイペースで更新を続けています。

心に響く言葉を紡ぐ方々との出会いに、日々励まされておりますよ!

そこで繋がった方からとても素敵なアーティストを教えていただきました。

今日は、幼い頃からYouTubeでの活動を続けていたという藤井風さんのファーストアルバムから「帰ろう」という曲をお届します。

さびしくなりがちな季節。きっと心を温めてくれるであろう一曲になると思います。

この歌の世界観そのものが、あったかくて大きくて大好きなのですが、とりわけこの言葉が心の奥底にぎゅっと響き渡りました。そして、風くんについてもっと知りたくなるきっかけになりました。

憎みあいの果てに何が生まれるの
わたし、わたしが先に忘れよう
(藤井風「帰ろう」より)

わたしも、そうでありたいです。

写真は、先だって久しぶりに森を歩いた時に出会った落ち葉。こう涼しくなってくると、温かい色味が恋しくなりますね。

☆ ☆ ☆

風の城では、ヒーリングや講座などマンツーマンのメニューはご希望があれば承っております。風のつどいなど練習会を再開する際にはお知らせいたします。

ご自分へ ご家族に
レイキで温もりのひとときを☆彡

 

滲み絵から学ぶ1:9の力加減

みなさん、こんにちは。

はじめて自宅でにじみ絵をかいてみました\(^o^)/

風の城☆かおるです。

敬愛する画家、八坂圭さんのアートレッスンでにじみ絵を学んで、自分でもやってみようと思って絵の具の種類など教えてもらったのがもう数年前のこと。

やっと、自分でも絵の具を用意して滲み絵をすることができました。

降り注ぐたくさんのエネルギー

水をたっぷり含ませた画用紙に、ぽ〜ん、ぽ〜ん、ふわり。

そんな感じで色を置いていくだけです。あとは、水がいいように広げてくれます。

水に色が広がっていくのが、ただただ楽しくてしあわせでした。

「もう十分色を置いたな。」

描き終えた後も、しばらく絵が少しずつ乾いて変わっていくのを眺めていました。

すると、お腹を中心に体が熱くなって、たくさんのエネルギーが降り注いできているのを感じました。少し色を置いて水に色が広がるのを眺めているだけなのに、本質に引き戻される力強さに驚愕しました。

ここ数日は、自分の中の幼少期の記憶や寂しさに寄り添っていたせいでしょうか。

とても肯定的な密度の濃いエネルギーで励まされている感じがして、それだけでもう十分満足して眠くなってしまいました。ご飯を食べてお腹いっぱいという感じ。

窓辺で乾かす絵の傍ら、わたしも横になって眠りました。

夢うつつの中、引き続きめぐるエネルギーで体が調整されているのを感じていました。

傍らで乾いていく絵を時折眺めては、あとは光と風が仕上げてくれる・・・。

そんなことを想いながらひと眠りして目覚めると、もう絵は乾いて出来上がっていました。

 

1:9の力加減

あんなに満ちていた水は影も形もなくなり、わたしが置いた色と形、滲みだけが残されました。

水がすっかりいなくなって、まるでわたしが描いたかのようですが、そうではないのです。

力加減でいうと、わたし1割、水9割くらい(笑)。

ほとんど水がやってくれています。

そんなことを想った時、これってレイキと似ているなーと思いました。

手を当てる、というのが自分でやる1割。

その中には、ヒビキを感知するとか、全体的なエネルギーの流れを感じたり、滞りを把握したり浮き出てくるものを観察する等の力も、自力の1割の中に入るでしょうか。

あと残りの9割は、エネルギーが勝手にやってくれます。

レイキの場合、流れ込むエネルギーはにじみ絵の水のようには見えないのですが、実際には、人が絵筆のようになって「ここだよ」と手を置いたところには、水の力で色が広がっていくようにエネルギーが流れていきます。

久しぶりのにじみ絵体験は、ただただ楽しくて。

絵の具が乾く前にどんどん色を置いて行ってしまうほどでしたが、今度は、少しまって乾かす時間も持ちながらまた違うにじみ絵タイムを楽しみたいなと、すでにワクワクしています^^。

みなさんも、にじみ絵を体験する機会があったらぜひ、遊んでみてくださいね。思いがけない発見や癒しがあるかもしれませんよ(^_-)-☆

風の城では、風のつどいなど複数の方々が集まる会の開催はもう少し先になりそうですが、ヒーリングや講座などマンツーマンのメニューはご希望があれば承っております。

レイキの実践を通じて
ゆたかでしあわせに生きる
心の術を身に着けましょう!

今を豊かに生きるヒントが見つかるかも?!

« Older Entries