Archive for レイキのこころ

レイキと愛しい気持ち

merry

「こうして手を当てていると、愛しい気持ちがわいてくるんです・・・」

他でレイキの経験があったのですが、あたらに風の城でレイキを始めることになったお客様が、レベル1の実習中に、しみじみと、こんな感想を漏らされました。

ああ、本質的なレイキの魅力を実感していただいているな、とうれしくなりました。

わたし自身も、日々レイキさせていただいていると、自分の内から湧き上がる慈愛に驚くことがあります。

それは、とても静かで穏やかで、軽やかで・・・。
そして、とても暖かいものです。

ああ、これだいいんだな、と心を自由にしてくれて、ただ、そうしたエネルギーの通り道であることに喜びを感じます。

在るだけで満足する心ですね。

こんなに小さなわたしでも、そうしたエネルギーの通り道になれることが、ありがたく、そのことにまた感謝がわいてきます。

ヒビキがわかることも大切だけれど、そうした技術ばかりを追い求めていると、時に、本当に大切なことを見失ってしまうことがあります。

まずは、レイキの心地よさに身をゆだねる。
すべてはそこから始まります。

実は、わたしは、一度もヒビキがわかりたいと思ったことはないんですよ。

一番最初に習ったレイキは、完全な西洋レイキでしたので、そもそもヒビキという言葉を教わりませんでした。

それでも、レイキが楽しくて自分や家族に手を当てていたら、ある時、自分の手に鋭い痛みを感じました。

これは何だろうと、当時お世話になっていた先生にたずねたら、「直感の一種なので大事にしてください」と言われて、うれしくなって、どんどん手を当てていきました。

ヒビキという言葉を知ったのは、もっと後になってからのことでした。

自分や他の人に触れる。

そして、「調子はどうですか?」

そんな気分で、レイキのエネルギーに身をゆだねている・・・。

わたしにとって、ヒビキを感じる瞬間とは、こんな風にも表現できるかもしれません。

心を開いて、今、自分が感じていることをありのままに見る。

手を当てる、とはそんな行為でもあるなぁ、と思ったこの日のレイキ講座でした。

おもしろいものでね。

人との関係でも、おこることをただ、ありのままに見つめていると、互いの関係性がとてもスムーズになります。

ヒビキを感じる、ということも、このことと本当によく似ていて。

こちらが、心を開いて、ただそこに在るだけで、お相手の体(あるいは自分の体も)がいろいろとお話ししてくれるように思います。

写真は、風の城のあたらしい仲間、「癒しのメリーちゃん」です。なんだか、いいお顔でしょ?

この日は、さっそくお客様にかわいがっていただきましたよ^^。

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

6/26(日)レイキ交流会~風の集い~、まだまだ募集中です!
メリーちゃんと一緒にお待ちしてま~す^^☆
☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

 

マスターディグリー@風の城

0927baraおよそ二年ぶりでしょうか。

新しいマスターが誕生しました。

シンプルで豊かなレイキの世界観にほれこみ、そのすばらしさを多くの人たちに伝えていきたい・・・。

そんなマスターがまた、ひとり生まれました。

わたしが、上位のマスターから受け継いだ内容、および、自身のマスターとしての活動の中から得た学びを伝えていくことは、この上ない喜びです。

風の城のマスターディグリーでは、アチューメントの実習も二日間に分けてじっくりと行いますが、これには、実は、「所作」の美しさというものが非常に大切になってきます。

ただ、こことあそことあそこと、あそこに手を置いてエネルギーを流せばいいんだよね~。

というんじゃないんですね。

だから、アチューメントという形を外側から見るだけでは意味がありません。

その「心」がとても大切です。

所作にはそんな「心」が現れるものなのです。

それは、これまでのレイキの実践、および五戒への取り組み(最終的にはそれを超えていくという意識)など、日々の自身の在りようから育まれ、自身で会得していくものです。(もちろん、風の城では、その「心」をお伝えするのに全力を尽くしておりますが。)

つまり一朝一夕で身に付くものではないんですね。

そして、マスターになることが終わりでもありません。

それは、新しい始まりです。

さらなるレイキの実践、マスターとしての活動を通じて、変容しつづける意識の在りようを、レイキそのものに生かしていくという道の始まりです。

こういうと、苦しいものだと誤解されるかもしれませんが、実はそうではありません。

変容するたびに新しい自分に出会うこと。

そして、その度にかわる世界の感触を味わうことは、魂レベルの深い歓びです。

もちろん、うまく行かない時、ネガティブに陥ってしまうこともあるでしょう。

でも、それは、小さな自分の限界を超えていくための助走にすぎません。

そんな深い分かちあいのできた充実したマスターディグリーでした。

出会えた幸運と、こうしてレイキの実践を通じて学んだことを分かち合える歓びをいただきましたこと、 心より感謝申し上げます。

あなただからこそ広がっていくレイキの輪。

あなただからこそ深められていくレイキの世界。

美しい波紋を描いて、ひとりひとりの心の奥底に届けられますよう願っています。

 

« Older Entries