Archive for 太極拳

「体感テレパシー」

太極拳のクラス。

「お~~~!!!」

先生との推手で、ものすごい「重さ」が伝わってきた。

これだけの「重さ」が伝わってくるということは、先生は自分の全体重を力に変えることができているんだ!

「先生のように自分の体の重さを力に変えるにはどうしたらよいだろう?」

クラスの後、そんな事を考えながら歩いていてふとひらめいた。

足元に、もっと自分の重さを感じてみよう・・・。

そんな風に意識したら、氣がぐっと足元まで下がっていい感じだ。

足裏から指の広がり、そこから立ち上がる甲の力、足首の関節まで、実感をもって歩くことができた。

すると、歩き方がかわった。

生のレッスンでは時々こうした体験が面白い。

先生に触れられたり、こうして推手をしたりすると、起こりやすい。

わたしは、これを「体感テレパシー」と呼んでいる(笑!)。

動画や読み物では決して得られない体験だ。そして、この手の動きは、言語化が非常に難しいので、体感テレパシーはものすごく便利である!

年明けのレッスンでもこんな事があった。

先生に触れた瞬間、先生のお腹の柔らかさがこちらの腹に伝わってきた。

先生の身体をめぐる動きの柔軟さが、推手をすることにより、直にわたしの身体に伝わって来たのだ。

この体験を機に、動くということの内的イメージが変わった。

そして、今朝。

久しぶりに近所の公園で時間を氣にすることなく体を動かす。

ここ最近は、体が調整中であんんまり積極的に動く氣分になれなかったので套路の前の準備運動で早々に公園から退散していたが、これまた久しぶりに85式の套路を全部行うことができた。

自分ではない別の生き物が、龍のようになって内を巡る。

まるで龍が自在に体の中をめぐるようだ!!!

そんな感覚が生まれる瞬間もあった。

先生は、動きについて言葉で詳しく説明しない。

習い始めた時から、

「氣持ちよ~く♪ リラックスして~♪」としかいわない。

それと「龍脈を使って動いてね。」と言う。

自分で動かなくても、体の中には自然に動きが伝わっていく道がある、ということらしい。

「龍脈」ってそういうことか・・・。

とその片鱗がわかりはじめて想うこと。

確かに。説明できない。

これまで自分が生きてきた中で体を動かすという概念とまったく違うのだ。

言葉で説明しようとすると、従来の身体の動かし方に囚われてしまう。

先生は、そのことがよくわかっているのだ。

言葉はものごとの、ほんの一面しか切り取ることができない。

真実の一部を写してはいるが、真実そのものではない。

それでも、「言葉」というツールを通して、会得した本物の素晴らしさを何とかして伝えたいというのが、人間かもしれない。

写真は、太極拳のクラスで使う和室の庭に咲いていた梅。

もうすっかり盛りをおえてしまった梅ですが、この日はクラスの前に少し時間があったので、庭に降りてみました。

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

風の城で
レイキをご一緒しませんか?

・風のつどい(レイキ交流会)
2/29 参加者募集中!

・こかげの会(レイキ練習会)

・レイキ講座 随時受付中!

・HPの最新記事はこちら

風の城☆Art Gallery

Art work saori nakazato
さおりさんの水彩画
ポストカード(原画)は500円から

Kaoruの天然石ブレスレット

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・

道の師~太極拳とレイキ~

sakura風が強い日が重なったり、お布団のなかの温もりにあらがえない時(笑)、なんとなく太極拳をする気分にならなかったり・・・・。

 

春を迎える直前は、自然の中で太極拳をする機会が少なくなっていました。

が、しかし。

春です。

喜びの春です。

草木花、虫、動物・・・。

この自然に属する他のいのちと同様、わたしのいのちも、また、目覚め動き始めています。

 

春の風に誘われて、自然と表へと足が向きますね。

やわらかな風、おおらかな大地、うるおいに満ちた空気・・・。

目には見えないけれど、確かに感じられるさまざまなゆたかさに抱かれての太極拳。

冬とは違う、内の流れ。

そして、去年の春とは違う、内の流れ。

季節による、カラダの内を巡るエネルギーの流れの変化とともに、年を重ねていくことによる変化も感じています。

それは、つまり、日々、どんな自分で生きてきたか、ということの結果です。

 

太極拳は、わたしにとっては、動くレイキ。

レイキの場合は、手を当てて、自然にエネルギーが動き出すのを待つ。そして、観察します。

太極拳は、体を動かすということで、経絡を動かし、エネルギーを整えていきます。レイキでは、感じる、観察、という二つの視点ですが、太極拳には、動く、感じる、観察、と「動く」という視点がひとつ増えます。

しかも、立って動くわけですから、そう簡単にはできない。

 

太極拳の套路は、型を覚えたら、そこからが本当の始まり。

週に一回、レッスンに通って、普段は、自分のペースで自然の中で太極拳に親しみはじめて今年で四年目。

同じ型でも、当然のことながら、先生とわたしとでは全然違うし、何年も、先生の動きを見続けていると、
ある時、ふと、見えることがあるんですよね。

それまで、見えなかった動きが。

それが分かった時、自分の型も、先生のそれに、ほんの少しだけ近づけるような気がしています。

 

いまや、太極拳は、わたしにとって、レイキと同じく、深めていくことが面白くて仕方がない世界です。

しかも、レイキを始めていなければ、決して出会っていなかったと思うし、レイキではぐくんだ感受性なくして、こんな風に、太極拳を楽しむことはできなかっただろうなぁ。

 

そして、いつも思うんです。

先生の背中ってなんて雄弁なんだろうと。

会うたびに、あんな風に美しく自由に流れるような套路に、きっと自分も近づけると希望が持てる。

 

道の師の背中。

大きくて、遠い。

輝ける希望!

 

写真は、昨日の太極拳クラスに行く途中、朝、出会った桜。この春の、最初のひとひらです。
 

★ 3/29(土)の風のつどい、まだお席がご用意できます。

この日は、高田律子さんが愛してやまないクリスタルボウルを奏でてくださいます。

参加費は3000円になりますが、レイキとクリスタルボウルの魅力的なコラボレーション。

ぜひともご体験くださいね。

 

★ 4/18(金)こかげの会、あとおひとり様、募集中です!

こちらは、少人数でじっくりとレイキの練習ができますよ。