Archive for 本

思考イコール愛である場合@「アウト・オン・ア・リム」より

ume2

昔懐かしい本を読み返してみました。

アウト・オン・ア・リム (角川文庫)

今や、バシャールと並んで、精神世界の古典ともいえる(と、勝手にわたしが思っている)ハリウッド女優シャーリーマクレーンの自伝的な小説です。

はじめて読んだのは、およそ10年ほど前。

この世界は「愛」なんだ!!!

と、わたしに最初の大きな意識の変容が起こった直後のことでした。

当時は、自分に起きたことがどういうことなのか理解したくて、図書館に通って精神世界や心理学の本を読み漁っていました。

図書館のそのコーナーには、読んでみたい本がなくなるほどに、笑!

そんな流れの中、当時懇意にさせていただいていたあこがれの女性から、この本の名前を聞いたのでした。

「人間の思考のエネルギーの波動は一番高い」

もう、あらすじを忘れてしまっても、 この本を読んで以来、ずっとわたしの中に記憶されているフレーズです。

それが先日。

ふと。

どんな文脈で使われていたのだろうか・・・。

ふいに確認したくなったのです。

読み返してみて感じたことは、わたし自身のこの10年の歩みが間違っていなかったんだなぁ、ということ。

あらためて、この本に込められた情報量の多さに驚くとともに、新しい世界観に目覚めたばかりのひよっこが読んでも、理解できることは少なかったろうなぁ、と当時の自分を振り返りました。

それに、10年前は、シャーリーの不思議体験そのものに、興味がそそられていましたね。

今回は、むしろ、その体験が伝えようとする本質が、すでに自分の一部となっていることに、大きな安らぎと喜びを感じました。

わたしたちの本質は、愛なんだ、とわかっても。

それを、持って生まれたわたしという個性を通じて、あらゆる関係性の中で、その愛を体現していくことは、やはり簡単ではないですね。

これまでの人間としての体験が、時としてそれを邪魔しますし、笑!

常に、自分の在りようを観察する冷静さと、小さな変化にも気が付く敏感さが必要です。(それが、ありのままの自分で自然にできる時、調和した心地よいエネルギーの中、物事はスムーズに、そして意外な展開をもってわたしを楽しませてくれます。)

でも、だからこそ、今やわたしにとって人生でもっとも興味深いチャレンジです。

その、日々のチャレンジがあるからこそ、わたしは生きていられるのだと思います。

そして、そのチャレンジに終わりはありません。

意識が変われば、その「愛」をどんな風に表現するか、行動も自然に変わってくるからです。

自分が変わった時。

つまり、本質的な自分の在りようをゆがませるような窮屈な思考から自由になった時。

より純粋な「愛」の表現に近づくことができる・・・。

その快感は、一度知ったら蜜の味。

もう、やめられないわけです、笑!

「自分=他者=宇宙」

ひらめきや気づきをもとに、自分の中で、「きっとこうなんじゃないか?」という仮説をたて、それを実践してみる。

そのことの繰り返しです。

たいていは、仮説の通りになります。

うまく行かない時は、自分が、宇宙的な愛を理解できていない時。

現実が不調和になるのですぐにわかります。

その不調和をキャッチして、大きな問題になる前に自分の視点を変えると、ふたたび現実はスムーズになります。

もちろん、それになかなか気が付けない時、落ち込む時、やる気が出ない時もあります。(そんな時は、そういう自分を大きな愛で包んで受け入れることにしています^^。)

でも、気力のある時は、この人生の「謎ときゲームをたのしむ!」という気楽なスタンスです♪

アウト・オン・ア・リムを読んで10年たって。

いま、わたしはこんな風に生きています^^。

そして・・・。

わたしが記憶していた先のフレーズは、なんと、大事なキーワードが抜けていたことが判明しました。

再読してよかったです^^;。

該当の部分を引用させていただきますね。

ただしくは、

「思考イコール愛である場合、その人の発する振動数は一番高いエネルギーレベルを持つことになる。」

この前後のくだりも、う~んとうなるくらいわたしにとってはしびれるワンシーンなのですが・・・。

ご興味のある方はぜひ、本編を読んでみてくださいね。

写真は、先日、二子玉川をゴローした時に出会った梅です。

その時のランチもすばらしかった!!!

おいしいカフェ情報もたまっておりますので、また改めてアップしたいと思っていますよ。

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

レイキもわたしにとっては「愛」の表現です♪
みなさまのお越をお待ちしております^^

風の城
現在募集中の練習会です

風のつどい(レイキ交流会)
・1/28(土)あと1名さま!

こかげの会(レイキ練習会)
・2/7(火) あと1名さま!
・2/19(日) 受付中!

レイキ講座も随時受付中です!

詳しくはリンクをご覧くださいね

みなさまとのひとときを楽しみにしています^^☆

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

敬天愛人~「良きことを思い 良きことを行う」、ある女性の人生~

雪ですね。

外出の予定もとりやめて、うちで静かにしています。

ほんとうは出かけたかったのだけれど。

経由駅の混乱ぶりを知り、これはやめておこう!と。

そんな未来を知ってか知らずか、ご予約のキャンセルも舞い込んで・・・。

う~ん。宇宙よ恐るべし。

まぁ、こんなシンクロもありだよね。

自分の決断に自信を深めたのでした(笑)。

もちろん、キャンセルは残念!

またのお越しをお待ちいたしております^^。

ところで・・・。

もしもこの世界の。

すべてが虚構で、あらゆるものが自分のためだけに創られたものだとしたら・・・。

わたし以外の人は、わたしにいろいろな体験をさせてくれるための登場人物だとしたら・・・。

この目で見るものも
この耳で聴くものも
この鼻で嗅ぐものも
この手で触れるものも
この足で歩く大地さえ

わたし一人だけのために、瞬間瞬間即席で創られているとしたら・・・。

ふと、先日。

そんな想像が、妙な実感を持ってわたしの中に生まれてね。

それが面白いから、しばらくそんな空想に浸っていました。

そうしたらね。

はてしのない感謝の念とともに。

な~んだ、そうだったのか。

世界は、わたしを喜ばせたくて仕方がないのね。

でも、そればっかりじゃ飽きちゃうから、時々、適度な刺激を盛り込んで。

いろんな事をわたしに体験させてくれようとしているのね。

つまり・・・。

ひょっとしたら、この世界には、わたしひとりっきりなのかもしれないゾ!!!

そんなことを想ったら、なんだか妙にほっとしちゃったよ。

そしてね、変な怖さがなくなっちゃった。

こうしなくちゃいけないとか。
こうであるべきだ。
これをしないと愛されないゾ、とか。(これはもう脅しですね、笑!)

まだまだそんなものに縛られていたわたし。

それがね。

ひゅーガラガラっ、ポンっ!て。

音をたてて崩れちゃった。

そりゃぁ、もう豪快だったよ。

一瞬で世界が変わるって。

こういうことだね。

概念の背比べ。

ほんとうにもうおしまい。

この間は、レベル6って適当に言ってみたけれど(笑)。

おかげさまで、祝☆卒業です!

たぶん、わたしはそういうものを、がっつり持って生まれてきたんだと思う。

でもね。生まれつき、そんなものがない人(ほとんどない人、少ない人もふくめて)も、きっとたくさんいるんだよね。

でも、しばられていたからこそ分かること。

たくさんあるんだよね。

いうなれば、それが、わたしらしさかな(笑)。

だからね、いちいち解放されるとうれしくて。

こんな風につづっちゃうのね!


そうしたらね。

こんな人の本に出会ったよ。

知る人ぞ知る。オーガニックコットンブランド、プリスティンを立ち上げた、渡邊智恵子さんの自伝です。

先日。

オーガニックコットンのセーターが欲しいと思って、ひさしぶりに訪れた自由が丘のプリスティン。

お会計を待っている間。

お茶をいただきながら、サイドテーブルにあったこの本を、ふと、手に取った。

ぱらぱらっと見て、わたしが好まない言葉の表現もあったのだけれど。

この人が、プリスティンという上質なオーガニックコットンのブランドを立ち上げた人だと知っているから。

そこを信じて、購入することに。

帰宅して。

読み返したら、もう止まらない。

生まれた時から、自分のことはラッキーだと思って 、「よきことを思い よきことを行う」。

そんな信念で生きてこられた人がいるんだな、と感動した。

途中ね。

感謝の想いがつづられた部分には、何度も目頭が熱くなったよ。

そしてね。

風の城のめざす方向って、こういうことなんだって思った。

最後にね。

この本の中で出会った素敵なことばをひとつ。

「敬天愛人」

天を敬い、天が人を愛するように人を愛する。

西郷隆盛が座右の銘とした言葉であり、京セラの創業者である稲盛氏が基本理念に掲げてきたことばだそうです。

表現は違いますけれど、これって、まさに「宇宙の愛」ですよね。

この本を読むと、オーガニックコットンを買い続ける意味が、わかります。

そして、これから先の企業のありかた。

そして、わたしたち消費者の在り方にも、目が覚めるんじゃないでしょうか。

ご興味がある方、ぜひお手にとってみてくださいね!

« Older Entries