Archive for 映画

「湯を沸かすほどの熱い愛」と風のつどい

gamuran

昨日は、風のつどいを終えた後、
みなさまとのあったか~い感触を胸にいだいたまま、
映画 湯を沸かすほどの熱い愛 を見てまいりました。

レイトショーだったので、すっかり寝不足です^^;。

のっけから笑いをとられ、たくさん泣いて、最後にまた笑えました。

深くて熱い思いやり。
現代映画と思えないなつかしさ。
ゆるさと奔放さ。
愛しい日常・・・。

心の深くが掘り返されて、涙とともに流れていきました。

これからの人生、
「いかに人を愛することができるか・・・。」
ということ問われているようにも思いました。

久しぶりに、心の栄養となる映画でしたよ。

劇場には、ハンカチを忘れないでね!

さてさて。
話は戻って。

この日は、バリ色豊かな風のつどいとなりました。

BGMは、滞在していたヴィラで購入したこちらのCD。(↑)
ガムランを現代風にやわらかくアレンジした曲調になっております。

また、レイキの練習の後には、バリの伝統的なガムラン(冒頭の写真)をみなさまにもお楽しみいただきました。

「ジャワ島のガムランがポピュラーなら、バリのガムランは、ロックです」

そうバリのガイドさんが教えてくれたほど、バリのガムランは、命の炎がカッと燃え上がるような激しさがあります。

okashi終わりのお茶のお供には、バリで買ってきたお菓子を・・・。

日本のものと違って、パッケージをあけるのに一苦労、笑!

でも、味はなかなかおいしかったです。

とくに、ココナッツクッキーは塩クッキーと言ってもいいくらい、塩が効いていておいしかったですね。

しかも、よ~く見ると「No Preservatives」という表記が。

調べてみたら「防腐剤無添加」の意味でした。

ラッキー♪

先月は、アースキャラバンでお休みでしたので、二か月ぶりとなった風のつどい。

ご参加いただいた皆さまも楽しそうで。
わたしもとても楽しかったです。

お土産をだしにして、楽しかったバリのお話も・・・。

バリでは、ありがたいことに、まだまだ物価が安く、
お土産物なども、日本ではありえないくらいに買いやすいお値段でした。

ささやかながら、数種のおみげをご用意させていただいたのですが、
バリならではの植物由来の石鹸なんかは、みなさんが楽しそうにお好きな香りを
選んでくださる様子に、わたしの方がハッピーな気分に!

お土産っていうのは、
楽しかった旅の記憶をみんなと分かち合う機会を
与えてくれるものなんだなぁ、と初めて感じることができました。

miyage

お早うございます。
昨日は風のつどいで楽しい時間をありがとうございました。
そして、バリのお土産のバリソープ、早速使わせていただきました。
潤いを残しつつ気持ち良い香りで洗えるので、最高のお土産を頂きました。
ありがとうございます\(^_^)/
久し振りの皆さんからのレイキも心地良かった。
毎回有りがたさの感じ方が増します。
自分の為に皆さんがレイキをしてくれる事は無償の愛だと思います。
その空間と出会いと導きを数年にわたり休まず続けてくださるかおるさんに感謝致します。
ありがとうございます。

目覚めると、昨日のつどいにご参加くださった方から
なんとも心温まるメールが入っておりました。

もう何年も風のつどいを続けておりますが、
わたし自身も、毎回感じることが違って、その時必要なものを
受け取らせていただいています。

おもしろいなぁ。
たのしいなぁ。

そう感じながら続けていくことのゆたかさを
こうして分かち合えること。

わたしの魂の喜びです。

Kさん、いつもありがとうございます!!!

おかげさまで。

バリ島への旅行を経て、
みなさまとのひと時が、一段と柔らかくふくよかになったのを感じてます。

自分が変わったことを実感できるのは、人と出会った時です。

それ以前とは、自分自身の反応が違う、ということに気が付いた時、
あー、わたしは、本当に変われたんだな、と実感します。

ま、「変わった」というより、より「本来の自分であることが上手になった」といった方がいいのかもしれませんね!

みなさま、ご参加いただきありがとうございました。

またぜひともご利用くださいね。

レイキを通じて、この世界のゆたかさを、めいっぱい感じていきましょうね!!!

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

風の城
現在募集中の交流会・練習会です

レイキ講座も随時受付中です!

こかげの会(レイキ練習会)11/23(水)
少人数レイキレッスン 2名さま募集中!

詳しくはリンクをご覧くださいね

みなさまとのひとときを楽しみにしています^^☆

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

わたしの「ベイマックス」

「ベイマックス、よかったですよ~^^」

昨年末に、お客さまから聴いた一言がずっと心に残っていました。

そして、ついに、観てきました!
予備知識はお客様のその一言だけ。
告知ポスターも、宣伝も、一切見ることなく、まっさらな心が映した「ベイマックス」は・・・。

わたしにとっては、単なる「ケアロボット」ではなく、魂の癒しを加速する「ヒーリングロボット」でした。
冗談じゃなく、本気で!!!

人をケアするロボットとして、決して「人を攻撃しない」ように設計されたベイマックス。
そのコンセプトと、ベイマックスが発する、冷静かつ思いやりのある言葉の数々。

人間的な感情に翻弄されることのないロボットならではのありようが、 わたしの中の、ひとりの自分と重なりました。

ベイマックスが、ヒロに語りかける言葉の数々が、 まるで、そのもうひとりのわたしの言葉としてわたし自身に語りかけられるかのように、わたしの中に響いたのです。

わかりやすくいうと、わたしの中には、 いつでも「ベイマックス」のように、個人的な感情に翻弄されることなく、 わたしのことだけを想ってくれて見守ってくれている人格があるのです。

だから、ベイマックスが発する言葉や行動。 その想いやり、決して人を攻撃しないという信念(ロボットだからそういうソフトですが・笑)が、 わたしの中のその人格と響きあって、涙があふれて止まりませんでした。

それと、「視点をかえろ」という言葉。
だれかのために、という登場人物みんなの熱い「想い」。

「わたしももうグズグスしてはいられない!」

そんな衝動とともに、心の深い深いところにある、ものすごく大事なボタンを押されたような感覚がありました。

実はベイマックスを見ている最中。
腹部が熱感を帯びているのを感知しました。

映画を見ていて、感動して胸が熱くなる、というのは、まま、ありますが、腹部が熱くなるって!?

観終わった後は、感動のあまり言葉も少なく。
心身がほわっとして、歩くのもゆっくりな感じでした。
街を歩いていても好奇心という全アンテナがダウンしているのがよくわかりました。

とにかく、緩みたかったみたいです。
その反動で、帰宅すると夕方になって頭痛が始まりました。

レイキをしながら寝落ちしてしまい、 ふだん頭痛なんてほとんどないし、あっても、ちょっとレイキして目覚めれば治っているので、 それで大丈夫だろうと思っていたら、めざめてもまだ痛むのに驚いて本気でレイキしました(笑)。

これをきっかけに、すばらしい好転反応のはじまり、はじまり・・・。
これは、また別の機会にお話しするとしましょう。

いやはや、ベイマックスは、レイキの使い手でもあったようですよ(笑)。

みなさまにとっての「ベイマックス」はいかがでしたか?

まだ見に行ってない人は、ぜひとも劇場に足を運んでみてくださいね。

そして、あなただけの「ベイマックス」を感じてきてください!

« Older Entries