Archive for 2014年9月20日

光の花束~叔母の入院とみなさまからの遠隔レイキ~

goyaお世話になった叔母が入院をしました。

8時間にわたるとても大きな手術だったとのことで、病院に駆けつけました。

手術直後は、意識も朦朧としていましたが、日に日にしっかりしてきて、あれだけ大きな手術をしたにもかかわらず、点滴器を支えにゆっくりですが、少しずつ歩くことも始めています。

とにかく、寝たきりはよくないということで、手術の翌日から歩くためのリハビリを病院の方から指導されるのですね!

手術の翌日から、開腹部(お臍の上2センチ上より、下腹部までおよそ20センチ)をはじめとして、手を当てられるところから(病院では、ベッドの設置状況、点滴などの管の設置状況、本人の体の可動状態により、手を当てられる場所が限られてくる場合があります)、とにかくレイキ。

もちろん遠隔も活用します。
遠隔だとエネルギーの状態がかえって詳細に感受できる場合もあって、対面でのレイキをする時にもその情報がとても役に立つのです。

そして、風の城のお仲間にも手伝っていただきました。
遠隔レイキコミュニティひだまりの会のメンバーに、遠隔を依頼したところ、メンバーの方々が、貴重な時間をやりくりして、叔母にレイキのエネルギーを届けてくれました。

まさに光の花束ですね。
おひとりおひとりのレイキのエネルギーが、光の束となって叔母にとどく様子がイメージされ、心が温かくなりました。

ご協力いただいたみなさまには、心より感謝申し上げます。

こうして、レイキをさせていただくことが、少しでも恩返しになればな・・・と思います。

実は、わたしが遠距離交際を経て結婚をすることができたのは、この叔母のおかげなのです。
わたしが、主人に会いに上京した折には、快く宿を提供してくれたものです。

そして、小さいころからとてもかわいがってもらった記憶があります。

goya2対面でのレイキ良さは、なんといっても、その方の「今」に、心静かに寄り添ってあげることができるということ。

傍らにいることで言葉にはしなくても、「大丈夫だよ、安心してね。」というメッセージをレイキとともに、届けられるような気がするのです。

こういう時、目に見えて、そばに誰かがいてくれることは、わたしたちが思っている以上に大きな心の支えになるのではないかと感じています。

病院では、病室のベッドや、ラウンジのスペースで、人目もはばからず堂々と手当させていただいています。

ラウンジだと、寝ている状態とは違った部位に手を当てやすくなりますし、話もしやすいので(病室だとカーテン1枚隔てたお隣さんに気をつかいますしね)互いに一段とリラックスしてレイキがしやすいです。

手を当てていると、「楽になってくるね~」とか、「温かくなってくるね~」と叔母もレイキを感じてくれているようです。

そんな中、叔母の口から、ぽつりぽつりと語られる言葉たち・・・。
レイキの流れとともに、過去の悲しみ、怒りなど、少しずつでも流れさっていくといいなぁと思います。

そして、ラウンジでレイキをしつつ、そこにやってくる方々を眺めていて、こんな風に、病院のいちスペースでわたしのようにレイキができる人がいて、そこにいらした方に、手を当てさせていただく、なんていう活動も素敵だなとも思いました。

といっても、まずはご家庭で、レイキを愛好していく方が増えていくことが一番ですね。
そうすれば、ご家族や、ご親族など、大切な方々が大変な時、レイキでサポートさせていただくことができます。

実は、大切な人たちに何か起こったとき、何かできることがある、というのは、案外心強いものなのです。ともすれば、こういう時は、「心配」しがちですが、その「心配」に向けていたエネルギーを「レイキする」という力に変えていくことができます。

とにかく、術後のレイキはとてもサポートになります。
お腹の中を切ったりしているわけですから、傷口の回復、開腹した腹部内の調整、新たなエネルギーバランスを見出すために、心身はとてもとてもエネルギー必要としています。

また、こういう時は、治癒力も自然とたかまりますから、そこにレイキでサポートしてあげるとよりよいバランスに心身が落ち着くことをサポートしてあげることができます。

すっかり涼しくなり、新しいことを吸収するのに良い季節になってきましたね。
虫の声を聴きながら、湯船につかりながらのレイキがなんとも心地よい時期でもあります。

まだ、レイキを知らない、というあなたさまも。
レイキ、はじめませんか?

そして、レイキは習ったけど、うまく生かせてないなぁ、というあなたさまも。
もういちど、レイキはじめてみませんか?

直近でご案内できる風の城のレイキ練習会、交流会のご案内です。

 9/28(日)風のつどい (どなたでもご参加できます)
 10/12(日)こかげの会 (レイキの経験者が対象となります)

もちろん、レイキ講座も随時受付中ですよ^^。

詳しくは、リンクをご覧くださいね。
お申込み、お待ちいたしております!

写真は、病院に行く道すがら見つけたゴーヤとそのお花です。畑のフェンスに自生していました。すばらしい生命力ですね!!!

海、空、風、そして弁天さま^^☆

b2うみー。
そらー。
かぜー。

そ・し・て

弁天さまぁーーー!!!

写真は、わが手でちくちく縫い上げたマイ弁天さまです。

まるちゃんが告知とともにアップしていた弁天さまの画像を見て、ぴぴぴ~ん!
そして、まるちゃんにも会いたーーーい!!!

江の島はロクカフェにて開催されたイベントに行ってまいりました。

主催のまるちゃんは、わたしの意識の蓋があいた直後に出会ったお友達。
最近では、頻繁にあいませんが、わが宇宙の友でありまする(笑)。

まるちゃんは、アルバートでおなじみ。ゆるく楽しい活動をいろいろしていますよん。ブログは こちらです。

そして講師の kiibowさん。おもわず、ふふふ、と笑ってしまうような、 なんとも愛らしく楽しげなキャラクターを生み出す達人です。

まるちゃん、そしてkiibowさんのHPにも、ぜひぜひ遊びにいってみてくださいね。

6
江の島の鳥居を抜けて、細い小道に入ると、古き良き日本の香りただよう民家の並びのひとつがロクカフェさん

ロクカフェさんでも、この日の記事がアップされております。ぜひご覧ください~。

なんとも心地よいほっとする空間でした。

WSは二階の和室にて。
窓からの風。和の味わい・・・。
やっぱり日本人だなぁ、思わず自覚してしまう、心地良い空間。
そう、あれは昭和の香りですね^^。

もともと針仕事は得意。
ちくちくと縫い上げるだけで、だれでもこ~んなかわいらしい弁天様ができちゃう!

b3 b4

この日のために、江の島仕様のオリジナル弁天様のキットをご用意してくださっていました。

最初は、こんな風に、前髪のところから、ビーズを糸と針でとめていくのだけれど・・・。
その、ひと針、ひと針に、「命が吹き込まれていくんだな~」との実感が、ひとり高まっちゃって、思わずパチリ!

手仕事って、もんのすごいエネルギーワーク。つうか、意識の結晶じゃな(って何キャラ^^;)。

実は、小学校の中学年のころかなぁ。
わたしは手芸は得意で、いろんな小物をつくったりしていたのよね。
そんなことを、思い出したりもしながら、 チクチクと静かなひと時がそれはゆたかに濃厚に、流れていきました。

bそしてね。
みなさんのを並べてみると・・・。

同じキットなのに、顔も雰囲気もそれぞれにユニーク!
おひとりおひとりの、何かが、表現されてしまうんでしょうねぇ。

わたしの弁天さまは・・・、といえば、
まぁ、美人ではないけれど、とっても気に入っていますよ。

なんかこう、ゆったりとしていて心の広い感じが伝わってくる。
気楽さというか大らかさもあるね。
手にすると、すごく安心してわくわくする。

いたずらっ子という雰囲気も・・・。

そして、ちょっと変!(ここ、大事^^)

他に、こんな感じがする、という突っ込み、リーディング、大歓迎ですよ、笑!
わたくし、こういう言語化(リーディング)は得意じゃありませんので^^。

ちなみに、最後に、まるちゃんが、それぞれの弁天様をリーディングしてくれたのですが・・・。

わたしのはねぇ。

「かおるさんそのものだね。」だって。

ズバリですね~。
うれしいですね~。

その他にも気になるメッセージをいただきましたよ。

海、空、風。そして、弁天様づくり。ロクカフェでのみなさまとのひととき・・・。6l

相乗効果となって、今もまだ、わたしの中で、ジンジンと化学反応進行中です。

わたしよ、一体全体、どこへ行く~。

笑、笑、笑!!!

さてさて、このマイ弁天さま。

風の城にて、お似合いのスペースを見つけて鎮座しておりまする。

みなさまのお越しを、ゆるりとお待ちいたしておりまするよ~^^☆

とどめの一枚は、ロクカフェさんでいただいたランチ。
うまかったです~~~!!!
やさしくも力強く、負荷なく体のパワーになる感じでした。

« Older Entries